出会い系で不倫をする

処女と不倫する方法

不倫 処女

こんな方におすすめ

  • 既婚者だが、不倫したい
  • 処女と不倫してみたい
  • 処女とはどこで出会えるのか、わからない

 

多くの男性には「処女へのあこがれ」「処女を貴重だと思う気持ち」があります。

不倫願望がある男性の中には、不倫であっても「できれば処女と不倫したい」と思う方もいるでしょう。

 

今回は、15年以上もの間、処女を含めて出会い続けてきた経験から、処女と不倫する方法について解説していきます。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

ひと昔前は20代女性の処女率は3割と言われていましたが、今では4~5割程度に上昇しています。

ですので、どの年代の処女を狙うのかにもよりますが、処女との不倫が特別に難しいというわけではありません。

 

実際に「処女」という属性とかなりの数、出会ってきた筆者からすると、処女との出会いやエッチは意外と簡単です。

不倫で処女とエッチするのが可能な理由は、以下の3つです。

  1. 処女は経験豊富な大人の男性の方が好き
  2. 処女は一途になりやすく既婚者だとバレにくい
  3. 処女と出会いやすいプラットフォームがある

 

上記の3番の「処女と出会いやすいプラットフォーム」とは、出会い系のことです。

出会い系の中でも、処女との出会いにおすすめなのは「Jメール(ミントC!Jメール)」と「ハッピーメール」です。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最大の出会い系です。

伝統的にグレーな出会い(不倫や割り切り等)に強いため、処女との不倫であれば本命と言える出会い系だと言えます。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、業者が最も少ない出会い系であり、出会い系最大手でもあります。

おすすめの理由は不倫に強いことではなく、処女率が高い10代~20代(若い世代)との出会いに強いことです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

処女と不倫したい既婚男性の心理とは

まず、「処女と不倫したい既婚男性の心理」について簡単にご紹介しておきます。

究極的には「その人による」のですが、典型的な心理としては以下のようなものがあります。

  1. 自分が初めての相手であるということが嬉しい
  2. 他の男性が触っていない=綺麗である
  3. 他の男性のセックスと比べられないで済む
  4. 自分が全てを教えたい(自分色に染めたい)
  5. 経験がないので恥ずかしがる姿が可愛い
  6. 妻が処女でなかったので処女と付き合いたい

 

上記の心理のうち、ほとんどが既婚かどうかにはかかわらない理由となっています。

 

実は、既婚・独身に関わらず、「結婚するなら処女が望ましい」と思う男性は多くのアンケート・統計データで9割以上に上っています。

このデータからも、処女を求める理由には(確実に自分の子を孕ませるという)男性の本能が関係していると思われます。

 

【処女不倫の難易度】20代の処女率は4~5割

処女と不倫する難易度は、処女がどれくらいいるのか(処女率・処女の割合)によって決まります。

処女の割合は年代によって異なり、厚生労働省の出生動向基本調査(少し古いですが、数年に1度の調査なので2021年が最新)によると以下のようになっています。

18~19歳78.0%
20~24歳52.6%
25~29歳35.0%
30~34歳39.7%

出典:厚生労働省「出生動向基本調査」

 

出生動向基本調査によると、処女率は年々上昇しています。(2002年、2015年の過去調査よりも全年代で処女率が上昇)

ですので、ひと昔前は「若い女性の処女は3割以下」などと言われていましたが、実際には大きく言って「20代の処女率は4~5割程度」と言えます。

 

昔は処女はレア度が高かったのですが、近年では処女は多めです。

これを踏まえると、処女と不倫をする難易度は決して高くなく、チャンスは十分にあると言えるでしょう。

 

不倫で処女とエッチするのが可能な3つの理由

処女の割合がある程度高くても、処女と不倫が出来るのかどうか、は全く別の話です。

とはいえ、結論を言えば不倫で処女とエッチすることは可能です。その理由は、以下の3つです。

  1. 処女は経験豊富な大人の男性の方が好き
  2. 処女は一途になりやすく既婚者だとバレにくい
  3. 処女と出会いやすいプラットフォームがある

 

オオカミ君
それぞれ解説していくぜ。

 

処女は経験豊富な大人の男性の方が好き

男女には好みの違いがあります。

より正確に言えば、「男女で好みが逆になることが多い項目」がいくつかあります。

 

多くの人が同意するであろうことで言えば、男性は自分より身長の低い女性を好み、女性は自分より身長の高い男性を好みます。

「俺は違う」「私は違う」という人もいるかもしれませんが、統計的(一般的)には以下のことが言えます。

 性経験の好み年代の好み経験値の好み身長や年収の好み
男性処女が好き年下が好き「未経験であること」に可愛らしさを感じる自分より「下」が好き
女性童貞が好きではない年上が好き「経験豊富であること」に頼りがいを感じる自分より「上」が好き

 

上記の表を一言でまとめると、「女性は経験豊富な大人の男性の方が好き」ということになります。

これは、処女の女性でも、非処女の女性でも同じです。

 

処女との不倫を考えている男性というのは、多くの場合、以下の条件を満たします。

  • 性経験が処女側よりも豊富である
  • 年齢が処女側よりも高い
  • 人生経験が処女側よりも豊富である
  • 身長や年収が処女側よりも高い

 

「不倫はハードルが高いから、普通の女性も受け入れにくいし、処女の女性は受け入れてくれないだろう・・・」と考えている男性も多いかもしれません。

しかし実際には、不倫をする男性は、処女側に好まれる要素ばかりを持っていることが多いのです。

 

処女は一途になりやすく既婚者だとバレにくい

これは経験上、間違いないことなのですが、処女の女性は恋愛において一途になりやすいです。

 

相手が既婚者だと分かった場合、普通の女性なら「相手が既婚者だから、これ以上の深入りはやめておこう」と考えることが多いです。

しかし、処女の場合には「既婚者かもしれないけど、この人が好き」という一途な気持ちでお付き合いや肉体関係に至ることがあります。

 

また、そもそも既婚者だということ自体が、処女相手にはバレにくいです。

非処女の女性は色恋に敏感なので、些細なことから「この人、もしかして結婚しているのでは?」と気づく勘のいい人も多いです。

一方で、処女は男性と付き合った経験がほぼないので、違和感を持ったとしても「こういう人なのかな?」「男性って、みんなこうなの?」と思うだけです。

 

齋藤編集長
実際、出会い系を使っていると、「昔、既婚者と付き合っていた」「その既婚者とのエッチが初めてだった」という女性は非常に多いのじゃ。

 

処女と出会いやすいプラットフォームがある

処女の女性が既婚男性を受け入れてくれるとしても、そもそも「処女との出会い」がなければ何も始まりません。

既婚男性が処女と出会いやすいプラットフォームがあるのかどうか、それが重要です。

 

結論を言えば、あります。それは出会い系です。

この点について詳しくは次の項で解説しますが、既婚男性が処女と出会いやすいプラットフォームがあるからこそ、処女と不倫は可能だと言い切れるのです。

 

オオカミ君
それがなかったら、机上の空論だからな。

 

処女と不倫する方法

ここからは処女と不倫する方法について、以下の順で解説していきます。

  • リアルな出会いで既婚者が処女を狙うリスク
  • マッチングアプリに処女はいるが不倫に向いていない理由
  • 処女と不倫する方法は出会い系がベスト

 

オオカミ君
ここは重要だから、それぞれ詳しく解説していくぜ。

 

リアルな出会いで既婚者が処女を狙うリスク

処女との不倫は、当然ですが「不倫」です。

ですので、バレると離婚や慰謝料請求のリスクがあります。

 

これは処女に限ったことではありませんが、リアルな出会いでは「共通の知人」がいるため、バレるリスクが非常に高いです。

実際、不倫がバレる原因の1位はスマホですが、2位/3位は知人です。

浮気がバレた理由人数と割合
1位:スマホを見られた18人(約42%)
2位:一緒にいるところを目撃された9人(約21%)
3位:知人からばらされた5人(約12%)
4位:罪悪感で自分から言った4人(約9%)
5位:浮気調査をされてバレた3人(約7%)
その他4人(約9%)

出典:探偵BLUE「男女200人に聞いた!浮気がバレた理由ランキングTOP5」

 

齋藤編集長
例えば「リアルな出会い=会社での出会い」なら、同僚は全て「共通の知人」じゃぞ。
同僚に目撃された瞬間に、不倫がバレちゃうってことだな。
オオカミ君

 

さらに、処女との不倫は、通常の不倫よりもバレにくいものの、バレた時のダメージは大きくなりやすいです。

なぜなら、処女は本気の恋愛になりやすいからです。すでに述べた通り、処女は一途なのですが、一途ということにはメリットもデメリットもあります。

 

処女に限らず、本気の恋愛が裏切られた際、女性は「妻にバラす」「会社にバラす」などの思い切った行動に出やすくなります

処女の子は勘が鋭くないことが多いのでバレやすくはないのですが、バレた時のダメージは大きくなりがちなのです。

 

齋藤編集長
その子にとっては、「生まれて初めて、全てを捧げた唯一の相手」じゃからな。
リアルな出会いで処女を狙うのは、やめておいた方がよさそうだな。
オオカミ君

 

マッチングアプリに処女はいるが不倫に向いていない理由

「現代の出会い」というと、マッチングアプリが良いのではないかと思う人もいるでしょう。

筆者はマッチングアプリも使っていますが、実際にマッチングアプリにも処女はたくさんいます

 

齋藤編集長
しかし、マッチングアプリは処女と不倫するのには向いていないのじゃ。

 

マッチングアプリに処女はいるものの不倫には向いていない理由は、以下の3つです。

  1. そもそも既婚者の登録が利用規約で禁じられているから
  2. 10代~30代前半の利用者が8割以上なので、年齢によっては疎外感を感じるから
  3. 上手くやれたとしても、婚活をしている女性をだましての不倫となり、トラブルになるから

 

上記について詳しくは解説しませんが、マッチングアプリは「若者同士の婚活のためのもの」です。

あなたの年齢にもよりますが、中高年男性が使うのには全く向いておらず、中高年ではなかったとしても、不倫には向いていません。

 

オオカミ君
既婚者だと、通報されて垢Ban(アカウント停止)になるのが関の山だから、やめておいた方がいいぞ。

 

処女と不倫する方法は出会い系がベスト

結論として、既婚男性が処女と不倫する方法としては、出会い系サイト(出会い系アプリ)がベストです。

その理由は以下の通りです。

  1. 出会い系には処女が多い
  2. 出会い系は既婚者OKであり、不倫もメインの利用目的のひとつである
  3. 出会い系はそもそも中高年男性が若めの女性を狙う場である

 

齋藤編集長
それぞれ、簡潔に補足しておこう。

 

出会い系には処女が多い

以前、「出会い系には処女が多いという話。処女の彼女、余裕です。」という記事を書きました。

 

上記の記事で書いた通り、出会い系には処女が多いです。

その理由はシンプルで、「女性社会で生きてきたために男性との出会いがなく、出会い系サイトやマッチングアプリをやっている」という女性が登録しているからです。

 

出会い系は既婚者OKであり、不倫もメインの利用目的のひとつである

マッチングアプリとは異なり、Jメールやハッピーメールなどの利用規約(会員規約)では、既婚者の利用が禁じられていません。

参考ハッピーメールの会員規約

 

また、以下の記事でも解説したとおり、2024年現在の日本においては「不倫サイト=出会い系サイト」と言えます。

参考日本最強の不倫サイト・浮気サイトをプロがご紹介します。

 

齋藤編集長
出会い系のメインの利用目的のひとつが、不倫なのじゃ。

 

出会い系はそもそも中高年男性が若めの女性を狙う場である

すでに述べた通り、マッチングアプリは利用者の6割が20代であり、若者のものだと言えます。

 

一方で出会い系は相当に年齢層がバラけており、中高年男性も多いです。

20代~30代の女性も多いため、出会い系では「中高年男性が若めの女性を狙う」という図式が一般的です。

ラブサーチ 年齢層
参考:月額定額制出会い系「ラブサーチ」の年齢層

 

まとめ:処女と不倫するなら出会い系を駆使せよ

処女と不倫する最高の方法は、出会い系です。

 

とはいえ、出会い系の9割は詐欺サイト・詐欺アプリですので、サクラのいない優良出会い系を利用する必要があります。

さらにいえば、出会い系の中でも不倫に向いているのは「Jメール(ミントC!Jメール)」「ハッピーメール」の2つです。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、不倫や割り切り等の後ろめたい出会いに特化した出会い系です。

女性比率が最大の出会い系でもあるため、処女との不倫であれば外せない出会い系だと言えるでしょう。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、業界最大手で業者の少ない出会い系です。

特に不倫に強いというわけではないのですが、処女率の高い若い女性との出会いに強いです。筆者の10代との出会い実績ではNo.1なので、若い処女でもOKならおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系で不倫をする

© 2024 週刊現実