出会い系攻略の知識・テクニック

ブサイクは出会い系での写メ交換(写真交換)をどうすればいいのか?

私は出会い系に関わるほとんどのものが楽しいと思っているのですが、一つだけ嫌なものがあります。

それは写メ交換(写真交換)です。

 

私は「自称」フツメンですが、 少なくともイケメンでないことは確定的に確かな人間です。

ですので、写メ交換の際に相手が喜んでくれるという事態は正直全く望めません。というわけで、写メ交換をいかに乗り切るか、というのは私の15年間のテーマでした。

 

オオカミ君
一流のブサイクが言うと、説得力が違うぜ!この記事には期待!
期待されること自体は嬉しいが、嫌な期待のされ方じゃのう…。
齋藤編集長

 

もし「ブサイク 出会い系 写メ」とか、「ブサメン 写メ交換 どうすれば」などで検索してきてくださった方がいれば、まさにドンピシャリの悩みを私も持っていると最初に告白しておきます。

前置きが長くなりましたが、今回は不細工は出会い系での写メ交換をどうすればいいのかということについて、お話ししていきたいと思います。

 

齋藤編集長
ちなみに、女性で自分はブスだと思っている方でも使える内容になっているのじゃ。

 

※ ちなみに、今時の若者は写メではなく「インスタ」と言うらしいです。 Instagram のことかと思いましたがインスタントカメラの略であって、別物らしいです。

これは出会い系で知り合った高校卒業間近の女子高生から聞きましたが、編集長(おっさん)は衝撃を受けました(笑)

参考写メ=インスタ!?出会い系のわけわからん用語たち

 

ブサイクが写メ交換を乗り切る方法1:詐欺写メを撮る

まずは王道、詐欺写メを作れるアプリでイケメンや美女に変身してしまうという方法です。

 

これはアプリを使えば簡単です。

以下の二つが私のおすすめですが、 まあどれを使っても大丈夫です。好きなものを使ってください。

 

BeautyPlus

(琴莉@necono_xxxxさんのツイートより)

 

Photo Wonder

(まんじゅう‏@megumanjuさんのツイートより)

 

詐欺写真を利用するメリットとデメリット

詐欺写真を利用するメリットとデメリットについては語る必要性をあまり感じませんが、一応申し上げておきましょう。

  • メリットとしては、写メ交換によって全くネガティブな影響を受けず、高い確率で出会えることが挙げられます
  • 逆にデメリットとしては、実際に出会った時に「誰!?」となる確率が120%であることがあります

 

結論から言うと、先ほどの例のレベルまでやるのはあまりおすすめしません

と言うか、そもそもここまで相手を騙しても全く罪悪感を抱かない人であれば、このページに来ることすらないでしょう。

 

ここに挙げた例のようなやりすぎてしまったパターンは論外です。

以下の記事で解説しているように、写真を加工しすぎた場合、だましている側としては「即バイバイ」されても文句は言えません。

参考マッチングアプリで写真と違う女性が!見抜き方と実際の対応をプロが解説

 

しかしながら、若干修正してしまうぐらいはやっておくことをおすすめします。

ほんの若干いい写真を撮る、というのは誰でも「奇跡の一枚」としてやっていることですし、奇跡が起こるのを待つよりも実際に加工してしまった方が手っ取り早いです。

 

齋藤編集長
女性はかなりの割合でやっているので、罪悪感を抱く必要はないのじゃ。
ただし、少しだけな。くれぐれも、やり過ぎには注意だぞ!
オオカミ君

 

ブサイクが写メ交換を乗り切る方法2:プロフ写真のプロに依頼する

マッチングアプリという言葉がメジャーになった影響で、マッチングアプリ周辺のサービスが増加しました。

その一つが、「マッチングアプリ専門のプロフィール写真撮影サービス」です。

 

これを一言で言えば、会った時に別人だと思われない範囲内で、確実に(写真の撮り方や加工技術、コーディネートの力で)ワンランク上のプロフ写真にしてくれるサービスです。

とはいえ、正直に言っておきますが、このサービスを使ったところで、ブサメンがイケメンにはなりません

 

オオカミ君
技術的にはできると思うけど、実際に会った時には怒られるか、帰られるぜ。
あくまで「会った時に別人だと思われない範囲内」でのレベルアップじゃからな。
齋藤編集長

 

しかし、ブサメンがフツメンにはなります。マッチングアプリ専門の写真撮影サービスのトップランナーである「Photojoy」の公式サイトをみると、そのことが分かると思います。

Photojoyの公式サイト → https://photojoy.jp

マッチングアプリ専門の写真撮影サービス

今すぐPhotojoyを見てみる

※恋活プロフ写真専門!マッチング率2倍の実績あり

 

ブサイクが写メ交換を乗り切る方法3:自然に断る

次は自然に断るという方法です。

これは出会い系を始めた当初、私が意図せずやっていた方法になります。

 

やり方は簡単です。

写メ交換を持ち掛けられても断る、というだけのことです。

 

オオカミ君
おいおい、単純すぎだろ!意味あるのかよ?
意外に効果的なのじゃ。
齋藤編集長

 

出会い系を始めた当初、私には写メを撮ってくれる人がいませんでした。

さらに、陰キャの人は分かってくれるかもしれませんが、自分の写真を自分で撮るなど頭がどうにかしてるとしか思えず、自撮りもできませんでした。

 

オオカミ君
すごい引きこもり感だな!

 

必然的に写メなどというものは(自分の携帯電話の中に)存在しなかったので、出会い系で写メ交換を持ち掛けられても「ごめん。俺、自分の写メないから」だけで完全に断ってました。

はっきり言いますが、実はこれでも余裕で会えます。

 

もちろんこれで会えなくなる女性もいます。

しかし考えてみると、これで会えなくなる女性というのは、写メを非常に重視している女性です。

 

ということはどっちにしろイケメンでない写真を送ったら離れていく女性だった、ということです。

 

齋藤編集長
これは経験上、本当じゃぞ。
確かに、これはなんか分かるかも。
オオカミ君

 

逆に言えば、それ以外の女性は「そうなんだー。残念!」くらいのコメントをして、その後は写メ交換を持ちかけてきません。

何度も繰り返して恐縮ですが、これでも普通に会えます。

 

もし、あなたが写メ交換をしないと会えないと思っているのだとすると、それは迷信であり、間違った固定観念ですので、捨ててください。

 

ブサイクが写メ交換を乗り切る方法4:写メなしの子を狙う

最後の方法は一番おすすめです。

写メ交換をしたくないなら、そもそも写メなしの相手を狙えばいいのです。

 

プロフィールに写メを出していない人は、プロフィールに写メを出した方が返信率やメールをもらえる率が上がるとわかっているのに写真をアップロードしていないということです。

つまり、かなり意識的に写メを出さないことにしている人です。

 

写メなしの相手に、写メがない理由は二つありえます。

  • 不細工だから出したくないという場合
  • 匿名の出会い系サイトで個人情報を出したくない場合

 

一つは不細工だから出したくないという場合。自分に自信がない場合ですね。

実はこのパターンはさらに二つに分かれ、実際には結構いい感じなのに自信がなくて写メを出せない場合と、本当に不細工な場合があります。

 

オオカミ君
結構いい感じなのに自信がないだけの女性も、結構多いぞ!
美人なのに自分をブサイクだと思っている「自信ない系の美人」は、出会い系には多いし狙い目じゃ。
齋藤編集長

 

写メがない理由のもう一つは、匿名の出会い系サイトで個人情報を出したくない、という警戒心からです。

この理由は、特に女性に多いです。

 

齋藤編集長
女性は、基本的には出会い系を危険だと思っているのじゃ。実際、以下の記事は女性によく読まれておる。

参考今も危険?出会い系で起きた事件と最新状況の全まとめ

 

自分がイケメンでもないのにも関わらず、美女に会いたい人は多いと思います。

私もそうです。しかし、上記のように考えていくと、写メを出さない人のほとんどは「ブサイクだから」ではなく、「自信がないから」もしくは「個人情報を出すのが怖いから」だと分かります。

 

ところで、写メを出さないことにしている人は意識的にやっているということを言いました。

つまりは、やり取りを始めた後に相手から「写メを交換しましょう」、と言われる確率は非常に低いということです。

 

オオカミ君
相手も出したくないからな。

 

しかも私の経験上、写メがない子の中にはとびきりの美人がいるのです。

とびきりの美人は業者と間違えられるのが嫌だからなのか、写メなしの場合がかなり多いのです。

 

美人と会える可能性もあり、自分も写メを出さなくていい「写メなし狙い」は4つの方法の中でも一番オススメの方法です。

 

オオカミ君
たまーに、本気のブサイクにも会うんだけどな。

 

まとめ:写メ交換ナシでも余裕で会えるよ

まとめますと、今回は以下の4つのお話をしてきました。

  1. 詐欺写メを撮れ
  2. プロに撮ってもらえ
  3. 写メ交換を断っても平気
  4. 写メなしを狙え

 

私のおすすめと言うか、いつも私が実際にやっていることとしては、写メなしの子を狙うと同時に、写メ交換を持ち掛けられても断る方法です。

ただし、写メありの素人っぽい美女を狙いたい時もありますから、そういう子に写メ交換を持ちかけられた時のために、軽めの加工をした詐欺写メを保険として用意しています。

 

齋藤編集長
素人の美人は逃したくないからじゃな。

 

あなたもこの記事を参考に、写メ交換という「嫌な行事」を乗り切っていただければと思います。お互い頑張りましょう。

 

オオカミ君
ちなみに、使うサイトを間違っていると、イケメンでも会えないからな。

参考おすすめ出会い系の目的別比較ランキング

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系攻略の知識・テクニック

© 2024 週刊現実