都道府県別の出会い

【東京】既婚者の出会いの場のおすすめ9選

既婚者 出会い 東京

東京の既婚者の出会いについて、15秒のショート動画でわかりやすく解説しています!

この記事は以下のような方におすすめ。東京在住の既婚者で出会いが欲しい方。既婚者だが不倫に興味があり、東京では皆どこで不倫しているのか知りたい方。東京での既婚者の出会いの場でおすすめするもの、しないものを教えてほしい方。

 

結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティー、街コン。

特に東京都内では出会いの場はたくさんありますが、ほぼすべてが「独身者」を前提としたもので、既婚者は参加できません

 

今回は、東京在住、ネット出会い歴15年以上の経験から、東京での既婚者の出会いの場について解説していきます。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

東京で既婚者が出会いを探す方法についての結論

 

東京で既婚者が出会いを探す場合、以下の6つの出会い方を選んでしまう方が多いのですが、これらはおすすめしません

  1. 趣味の集まりや習い事
  2. 社会人サークル
  3. キャバクラ・会員制ラウンジ
  4. 相席居酒屋・相席バー・相席ラウンジ
  5. クラブ(ナイトクラブ)
  6. マッチングアプリ

 

逆に、東京での既婚者の出会いの場としておすすめなのは、以下の3つです。

  1. 既婚者サークル・既婚者合コン
  2. 既婚者アプリ
  3. 出会い系サイト・アプリ

 

オオカミ君
既婚者には、既婚者の出会い方があるってことだな。

 

東京での既婚者の出会いの場の中でも最もおすすめなのは、出会い系です。その理由は、以下の3つです。

  1. 既婚者の登録・利用が可能であり、実質的に不倫サイト・不倫アプリである
  2. 既婚者だけでなく、独身の若い人とも出会える
  3. 東京であれば会員数(選択肢)が多く、どんな希望をしても出会える

 

出会い系の中でも、不倫に強いのはPCMAXミントC!Jメール(Jメール)です。

PCMAXとJメールがエッチな出会いに強い5つの理由

 

PCMAXは、男性料金が最安値であり、アクティブユーザー数も最大の出会い系です。

ただ安いだけではなく、エッチな出会いに特化しているため、セフレや不倫、割り切りなどのグレーな出会いであれば、間違いなく最強です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ミントC!Jメール(Jメール)はPCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年に開設している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いです。PCMAXに次いでエッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

本記事の結論は、以上になります。

既婚者の方で、東京での出会いを探している方は、ぜひ続きもお読みください。

 

東京での既婚者の出会いにおすすめしないもの6選

東京での既婚者の出会いにおすすめしないものは意外と多い

まず、東京で既婚者の方が出会おうとする際に考えがちではあるものの、おすすめしないものからご紹介します。

それは、以下の6つです。

  1. 趣味の集まりや習い事
  2. 社会人サークル
  3. キャバクラ・会員制ラウンジ
  4. 相席居酒屋・相席バー・相席ラウンジ
  5. クラブ(ナイトクラブ)
  6. マッチングアプリ

 

オオカミ君
あまりおすすめはしないものだけど、それぞれ解説していくぜ。

 

趣味の集まりや習い事

出会いが欲しい既婚者の方の多くが選んでしまいがちなのが、趣味や習い事です。

  • 趣味の集まり(登山サークル、旅行サークル、フットサルチーム、ママさんバレー等)
  • 習い事(ゴルフ教室や料理教室、ヨガやピラティス教室等)
  • 運動(ジムや水泳、エアロビクス等)
  • 朝活(勉強会、読書会等)

 

オオカミ君
なんか、楽しそう!でも、出会いがあるかって言われると微妙かも…?
その通り。おそらく、この項目が最も「選びがちで、かつ、出会えない」項目じゃ。
齋藤編集長

 

趣味や習い事には、健康面や精神面、友達作りとしては有益なものが多いです。

しかしながら、異性との出会いの場、という意味では向いていません。その理由は以下の通りです。

  • 出会いがメインの目的の場ではないため、出会い目的の人が少ない
  • 出会いの場ではないところで出会いを生み出すためには見た目とトークスキルが必須
  • 趣味や習い事の場で出会いを求める人は「出会い厨」とされ、周囲から嫌われがち
  • 好みの異性がいないことも多い(同世代や異性がほぼいないこともある)
  • 好みの異性がいたとしても、1~2人だけであることが多く、相手にされるかは自分と運しだい
  • 仲良くなる中で既婚者であることがバレることが多く、かつ、バレると相手にされない

 

本当に趣味を楽しむつもりがあるのであれば、これらは有意義です。

しかしながら、異性との出会い目的には向いていません。もっと言えば、コミュニティですから、既婚者が出会うという意味ではさらに向いていません

 

齋藤編集長
周りが知り合いばかりの「コミュニティ」では、不倫がバレるリスクや、バレた時にコミュニティから追放されるリスクが上がるのじゃ。

 

社会人サークル

社会人サークルは、「趣味の集まり」に近いものと、「出会いを目的としたもの」の2パターンに分かれます。

趣味の集まりに近いものについては前項と同じなので、ここでは出会いを目的とした社会人サークルについて解説します。

 

出会いを目的とした社会人サークルであっても、スポーツやアウトドア、オタク趣味、自己啓発など、何らかのテーマを持っていることが多いです。

これらは「サークルブック」「PROUD40」「ジモティー」「社会人サークルベッキー」「e-venz」などから探すことができます。

 

結論から言えば、社会人サークルも既婚者の出会いにはおすすめできません

その理由は、以下の通りです。

  • 出会いを目的とした社会人サークルでは、既婚者はNGというところが多い
  • 既婚者OKであっても、既婚者は敬遠されることが多い
  • 対面での出会いなのでルックスやトーク力も問われる
  • 宗教やマルチ、副業などの勧誘が行われることもある

 

齋藤編集長
出会いをメインの目的とした社会人サークル(既婚者サークル以外)では、既婚者NGのことが多いのじゃ。
既婚者サークルについては、後で解説するからな。
オオカミ君

 

キャバクラ・会員制ラウンジ

人にもよりますが、キャバクラ・会員制ラウンジを出会いの場ととらえる人もいるかもしれません。

実際、東京都内には無数のキャバクラやラウンジがありますし、利用にあたって既婚者かどうかは問われません。

 

しかしながら、既婚者の出会いの場としてはこれも向いていません。

  • キャバ嬢・ラウンジ嬢にとって、基本的には「客=財布」
  • 芸能人やイケメン、富豪の多い東京都内のキャバ嬢・ラウンジ嬢は目が肥えており、一般人が落とすのは困難
  • そもそも、既婚者にはキャバクラに通い詰めるだけのお金と時間がないことが多い

 

相席居酒屋・相席バー・相席ラウンジ

相席居酒屋・相席バー・相席ラウンジ、いわゆる「相席系」も東京都内であれば出会いの選択肢に入るでしょう。

新宿や渋谷、池袋など一部の歓楽街に限られてはいるものの、都内であれば相席屋を探すのは難しくないからです。

 

結論から言えば、相席系は以下のデメリットが気にならないなら使う価値があります。

  1. お金がかかること
  2. タダ飯目的の女性が多いこと
  3. 基本的には友人と利用している人が多いこと
  4. 既婚者は好まれないこと

 

特に難しいのが3番・4番で、友人と利用する場合には、「既婚者であることを隠してくれる友人」が必要です。

もちろん、そういった友人がいなくても、一人で相席系に飛び込むメンタルがあればOKです。

 

オオカミ君
相席屋に既婚者チェックはないんだけど、基本的に既婚者は好まれないからな。

 

クラブ(ナイトクラブ)

渋谷や六本木、銀座、新宿等に集まっているのが、以下のようなクラブ(ナイトクラブ)です。

  • WOMB(ウーム):渋谷
  • HARLEM(ハーレム):渋谷
  • V2 TOKYO:六本木
  • MUSE(ミューズ):六本木
  • GENIUS TOKYO(ジニアス東京):銀座
  • RAISE(レイズ):銀座
  • WARP SHINJUKU(ワープ新宿):新宿

 

「ストリートナンパ」「クラブナンパ」という言葉があるくらいですので、クラブには出会いがあります。

しかも、クラブには既婚者チェックはありません。

 

とはいえ、クラブナンパでも、ナンパはナンパであり、ナンパが出来ないとお酒を飲んで踊るだけの場になります。

結論としては、以下のデメリットが気にならない人にしかおすすめできません。

  1. トークスキルやノリの良さ、外見などの総合力(≒チャラさ)が必要である
  2. チャラい女性が多い
  3. ワンナイトラブになりがちである

 

男性だと、2番と3番は「別にぜんぜんOK」という人が多いと思いますが、重要なのは1番です。

クラブナンパも、ナンパはナンパなので、最低限「声をかける勇気」が必要ですし、成功のためには「ビジュアルやトーク力」が必要です。

 

齋藤編集長
ナンパが出来る既婚者限定で、ある程度おすすめだと言えるのじゃ。

 

マッチングアプリ

ペアーズやomiai、タップルなどのマッチングアプリは、最も勢いのある出会い方のひとつです。

出会う方法として、最初にマッチングアプリを思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?

 

オオカミ君
実際、東京都内だったら、会員はとんでもなく多いぜ。

 

結論から言えば、マッチングアプリは「若者が婚活をするアプリ」だと言えるため、既婚者にはおすすめできません。

既婚者にマッチングアプリをおすすめしない理由をより具体的に言えば、以下の通りです。

  1. マッチングアプリでは、既婚者の登録がNG。バレれば通報され、アカウント停止(垢Ban)になる
  2. アプリ側にはバレなかったとしても、相手をだまして出会うことになるため後々トラブルになる確率が高い
  3. 20代の会員だけで6割。既婚者かどうかにかかわらず、30代後半より上だと、年代的に不向き

 

齋藤編集長
既婚者にとって、特にリスクが大きいのは2番じゃ。

 

既婚であることを隠せば、マッチングアプリでセフレ(不倫相手)をつくることは可能でしょう。

しかし、長く付き合う中で既婚者だとバレたときにトラブルになる確率が高く、最悪のケースでは配偶者や会社に不倫をバラされることもあります。

 

東京の既婚者出会いのおすすめ3選

東京の既婚者出会いのおすすめは、以下の3つです。

  1. 既婚者サークル・既婚者パーティー・既婚者合コン
  2. 既婚者専用マッチングアプリ(既婚者アプリ)
  3. 出会い系サイト・アプリ

 

オオカミ君
それぞれ解説していくぜ。

 

既婚者サークル・既婚者パーティー・既婚者合コン

まず、既婚者サークル・既婚者パーティー・既婚者合コンについてです。

これらは、「出会いを目的とした社会人サークルの、既婚者バージョン」と言っていい存在です。

 

名前が既婚者サークルでも、既婚者パーティーでも、既婚者合コンでも、やることは同じです。

会場に集まって、既婚者の男女で歓談しながらお酒を飲む会になります。

 

参加者の多くは不倫目的ですが、友達探しが目的の人や、パーティーの雰囲気を味わいたいだけの人もいます。

東京の既婚者が、既婚者サークル・既婚者パーティー・既婚者合コンで出会いを探すメリットは、以下の通りです。

  • 東京都内であれば、開催数が非常に多い
  • 対面の出会いであるため、相手の人柄を見て選べる
  • 既婚者同士なのでバレにくい(お互いに隠す動機がある)

 

逆にデメリットは、以下の通りです。

  • 既婚者にしか出会えない
  • 知り合いがいる可能性もゼロではない
  • 一度に出会える異性の数が限られているため、好みの人がいない可能性が高い
  • 一度に出会える数は会場のキャパ次第なので、人口密集地域である東京都内というメリットを活かしているとは言えない
  • 参加者が既婚者のみであること以外は通常のパーティーまたは合コンなので、ビジュアルやトークのレベルが問われる
  • 男性の参加費用が高い(男性は1万円、女性は無料~1,000円程度が相場)

 

齋藤編集長
一言で言えば、「どうしても対面で出会いたい人にはおすすめ」じゃ。

 

既婚者専用マッチングアプリ(既婚者アプリ)

既婚者専用マッチングアプリ(既婚者アプリ)とは、既婚者しか登録できない、既婚者同士で出会うためのアプリです。

具体例としては、既婚者クラブやCuddle(カドル)があります。

 

既婚者が、東京都内で既婚者アプリを使って出会うことのメリットは、以下の通りです。

  • 登録者が少ないが、東京都内であればマッチングしやすい
  • 顔写真が不要なのでバレにくい
  • 既婚者同士なのでバレにくい(お互いに隠す動機がある)

 

一方で、既婚者アプリで出会うことのデメリットは、以下の通りです。

  • 既婚者にしか出会えない
  • 会員数が少なく、選択肢が狭い(大手出会い系の登録数が1,000万~3,500万なのに対し、既婚者アプリの登録数は10万程度)
  • 既婚者同士で出会うことにしか使えないため、登録しているだけで不倫の証拠になり得る(相手の配偶者からの慰謝料請求もあり得る)
  • 男性側の月額費用が非常に高い(月額1万円が相場)

 

オオカミ君
一言で言えば、「おすすめと言えなくもない」程度って感じか?
「月額1万を払ってでも既婚者同士で出会いたい」という人ならアリじゃろうな。ただ、ある意味で「不倫アプリ」なので、登録自体がリスクじゃぞ。
齋藤編集長

 

出会い系サイト・アプリ

出会い系サイト・アプリは、「出会い」というジャンルであればどのような出会いもできるツールです。

  • 恋人探し
  • 友達探し
  • メル友探し
  • セフレ探し
  • 不倫相手探し
  • 援交やパパ活の相手探し
  • ゲイ・レズなどLGBTのパートナー探し

 

出会い系にいかがわしいイメージをお持ちの方もいると思いますが、実際に不倫や援交(割り切り)などの出会いもできます。

一方で、恋人探しや友達探しもできるため、全ての出会いツールの中で、最も広い用途に使えるのが出会い系だと言えます。

 

齋藤編集長
当然ながら不倫も可能、むしろ得意分野じゃ。
でも、婚活だけは向いていないんだよな。
オオカミ君

 

都内の既婚者が出会い系で出会いを探すことのメリットは、以下の通りです。

  • 既婚者にも、独身者にも会える
  • 数百万、数千万単位の登録数があるため、東京都内であればどんなタイプの人にでも会える
  • 顔写真が不要なのでバレにくい
  • 不倫以外にも使えること、独身時代に使っていたという言い訳も可能なことから、「登録=不倫」とはみなされない

 

特に男性の場合、自身は既婚者であっても、大学生や20代OL等の「若い女性(≒独身女性)」と不倫セックスしたいという人は多いはずです。

その場合には既婚者サークルや既婚者アプリだと難しいため、実質的に出会い系一択になります。

 

また、どんなタイプの人にでも会えるという点について補足すると、大手出会い系各社はとんでもない数の累計登録数を集めています。

この中からであれば、どんな趣味嗜好を持っていたとしても、相手が見つかります。東京都内であればなおさらです。

  1. ハッピーメール:3,500万
  2. PCMAX:2,000万
  3. イククル:1,500万
  4. YYC(ワイワイシー):1,500万
  5. ワクワクメール:1,000万
  6. ミントC!Jメール:800万

出典:累計登録数ベース。週刊現実が2024年に行った独自調査による

 

オオカミ君
ミケポが好き(体重が3ケタkgのポチャ)っていうレベルのデブ専でも、出会い系なら相手が見つかるんだぜ。

参考ミケポ(3桁ポチャ)とは?ミケポと出会う方法をプロが解説

 

逆に、出会い系で既婚者が出会いを探すデメリットは、以下の通りです。

  • 目的が違う人も多い(恋人を探している人や、援交目的の人等)
  • 業者を避ける必要がある

 

目的が違う人については、プロフィール検索の絞り込みの際の設定により避けられます。

ネット出会いにおける厄介者である「業者」については、以下の基礎知識を知っていれば大丈夫です。(ちなみに、業者は出会い系だけでなく既婚者アプリにもいます)

  • 援デリ業者:売春が目的。「2回目以降はタダだけど、最初だけお金が欲しい」というのが典型的な手口
  • 他サイト誘導業者:詐欺サイト等に誘導し、登録させるのが目的。「スマホが壊れた」等の嘘をついて誘導する
  • 個人情報収集業者:LINE IDやメアド、電話番号の収集が目的。手口は巧妙で、普通の女性と変わらないことも多い
  • その他の業者:宗教や副業、投資、マルチへの勧誘などの業者もいるが、少ない

 

東京の既婚者出会いなら出会い系といえる理由3つ

東京都内で既婚者が出会う方法の中でも、一番おすすめなのは間違いなく出会い系です。

そう断言できる理由は、以下の3つです。

  1. 既婚者の登録・利用が可能であり、実質的に不倫サイト・不倫アプリである
  2. 既婚者だけでなく、独身の若い人とも出会える
  3. 東京であれば会員数(選択肢)が多く、どんな希望をしても出会える

 

オオカミ君
長くなったけど、ここが最後だぜ。
すでに述べたことと一部重複するのじゃが、重要なので述べておくのじゃ。
齋藤編集長

 

既婚者の登録・利用が可能であり、実質的に不倫サイト・不倫アプリである

マッチングアプリとは異なり、出会い系では既婚者の登録・利用が可能です。

以下の記事で書いた通り、日本においては「不倫サイト=出会い系サイト」だと言えます。

参考日本最強の不倫サイト・浮気サイトをプロがご紹介します。

 

 

逆に言えば、日本において不倫サイトを名乗るものは全て詐欺ですので気を付けてください。

外資系の大手不倫サイトである「アシュレイ・マディソン」はサクラだらけの詐欺サイトであることがバレています。

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」の登録者情報流出事件

サイトの閉鎖をもくろむハッカー集団「インパクトチーム(Impact Team)」に利用者の個人情報が盗まれ、同集団によって、ユーザー約3200万人の個人情報が「ダークウェブ(Dark Web)」と呼ばれる匿名化技術を利用したウェブサイト上に公開された。

なお、Gizmodoの調査で、女性会員のアカウントの多くは運営会社が作った偽物であることがわかった。

出典:Wikipedia「アシュレイ・マディソン」

 

既婚者だけでなく、独身の若い人とも出会える

出会い系だけが持つ最大の強みは、独身の若い人とも出会えることです。

既婚者の中でも、特に男性にとって、この点は「出会い系の唯一無二の強み」になることが多いです。

 

自分と同じ年代の既婚者であれば、既婚者サークルや既婚者アプリでも出会えます。

しかし、言葉を選ばずに乱暴に言えば、「おじさんが女子大生やギャル、若妻と出会ってセフレに出来る」のは出会い系だけです。

 

齋藤編集長
もちろん、何の工夫もしなければ、おじさんが美人の女子大生を落とすのは簡単ではないのじゃ。
お金の必要な割り切り・援交なら簡単だけど、タダマンをするには方法を知っている必要があるんだよな。
オオカミ君

 

出会い系でセフレを作る方法については「出会い系のセフレ作りなら俺に任せろ!実際に成功した4つの方法」に詳しく書いていますが、要点だけを言えば以下の4つの手があります。

出会い系でセフレを作る4つの方法

  1. ズルズルパターン:相手を惚れさせ、彼女にしないままセックスし、セフレ化する(難易度は高いが、王道)
  2. 不倫パターン:人妻と不倫関係になる(「結婚を見据えた真面目な付き合い」という選択肢がないので簡単)
  3. 割り切り発パターン:割り切りから始め、お客さんから徐々にセフレになる(会話とセックスのテクニックが必要)
  4. エロ痴女パターン:セックス好きの痴女を見つける(AVやエロ漫画のファンタジー的存在で、ほぼ無理)

 

東京であれば会員数(選択肢)が多く、どんな希望をしても出会える

出会い系の会員数はすさまじい多さです。

以下の数字は「累計登録数」なので重複があり、実際に3,500万の会員がいるというわけではないのですが、それを考慮しても多いです。

  1. ハッピーメール:3,500万
  2. PCMAX:2,000万
  3. イククル:1,500万
  4. YYC(ワイワイシー):1,500万
  5. ワクワクメール:1,000万
  6. ミントC!Jメール:800万

出典:累計登録数ベース。週刊現実が2024年に行った独自調査による

 

齋藤編集長
人口分布と同じく、登録会員は東京や大阪、福岡などの「人口密集地」に集中しているのじゃ。

 

人口密集地の中でも、最も登録数が多いのが東京都内です。

実は、住所が茨城や千葉、埼玉や神奈川あたりの人も東京で登録していることが多いため、実際の東京都の人口比率以上に多いです。

 

何度かこの記事でも述べてきたので詳しくは繰り返しませんが、東京都内は会員数が多いため、どんな希望をしても会えます。

新宿や渋谷、池袋や上野あたりの主要駅では、他の都道府県の県庁所在地より書き込みが多いレベルです。

 

齋藤編集長
ワシの故郷は群馬県なんじゃが、県庁所在地の前橋市よりも、新宿駅単体の書き込みの方が多いじゃろうな。悲しいけど。

 

まとめ:東京の既婚者出会いには出会い系を使う

東京の既婚者出会いには出会い系がおすすめです。

とはいえ、出会い系の9割以上は詐欺サイト・詐欺アプリですので、サクラのいない優良出会い系を使う必要があります。

 

優良出会い系の中でも既婚者の不倫におすすめなのは、「PCMAX」と「ミントC!Jメール(Jメール)」です。

 

PCMAXは、男性料金が最も安い出会い系です。

出会い系の中でも最もエッチな出会いに強いことや、アクティブユーザー数が多いことが強みであり、不倫目的であればイチオシです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ミントC!Jメールは、女性比率が高く、出会いやすい出会い系です。

出会い系の中でもPCMAXと並んで不倫などのグレーな出会いに特化しており、既婚者の出会いであれば使わない手はありません

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-都道府県別の出会い

© 2024 週刊現実