属性別の出会い

マッチングアプリでJKに会うのは難しい理由3つと対処法

マッチングアプリ JK

こんな方におすすめ

  • マッチングアプリでJK(女子高生)に会えるのか、知りたい
  • マッチングアプリでJKと会えると聞いたが、会えていない
  • マッチングアプリよりもJKと出会いやすい手段があれば、教えてほしい

 

JK(女子高生)に出会いたいという男性は多いです。

一方で、JKと出会える手段は限られており、インターネット出会い、特にマッチングアプリを使う人も多いです。

 

今回は、ネット出会い歴15年以上の経験から、マッチングアプリでJKと出会うことについて解説していきます。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

JK(女子高生)は、筆者がネット出会いを始めた2000年代から、すでに男性に人気の属性でした。

2024年現在、「ネット出会い≒マッチングアプリ」だと思っている人も多いため、マッチングアプリでJKを探す男性は多いです。

 

しかしながら、結論を言ってしまうと、マッチングアプリでJKと出会うのは難しいです。

マッチングアプリでJKに会うのが難しい理由は、以下の3つです。

  1. マッチングアプリは年齢認証あり。18歳のJKも自主的に禁止
  2. 婚活寄りの出会いであるため、JKが入ってきにくい
  3. 連絡先交換が遅めであるため、JKだと気づけない

 

JKに出会いたいのであれば、マッチングアプリよりも出会い系がおすすめです。その理由は、以下の通りです。

  • 年齢認証があることは同じ
  • 遊び・暇つぶしの出会いであるためJKが興味を持ちやすい
  • 連絡先交換が早い文化があるのでJKを見分けやすい
  • 一部の出会い系は10代に強い(10代が多い)

 

2024年現在、JKに出会うためにおすすめの出会い系は、以下の3つです。

 

PCMAXは、間違いなく「最もエッチな出会いがしやすい出会い系」です。

その理由は、新規登録者およびアクティブユーザー数の多さ。出会い系の中で最も安いことや、エッチな出会いに強いわりに業者が少ないことも特長です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、出会いやすいです。PCMAXに次いでエッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

本記事の結論は以上となります。

マッチングアプリでJKと出会うことが難しい理由やその対処法についてより詳しく知りたい方は、続きもぜひご覧ください。

 

マッチングアプリでJK(女子高生)に会うのが難しい理由3つ

マッチングアプリでJK(女子高生)に出会うのが難しい理由は、以下の3つです。

  1. マッチングアプリは年齢認証あり。18歳のJKも自主的に禁止
  2. 婚活寄りの出会いであるため、JKが入ってきにくい
  3. 連絡先交換が遅めであるため、JKだと気づけない

 

マッチングアプリは年齢認証あり。18歳のJKも自主的に禁止

マッチングアプリでは、利用規約上、18歳未満は利用禁止です。

また、18歳だとしても、大手マッチングアプリはすべて「18歳の高校生は利用禁止」です。

 

マッチングアプリは、法律上は出会い系と同じであり、出会い系サイト規制法で規制される存在です。

つまり、免許証の確認などが法律で定められているため、多くのJKはそもそもマッチングアプリに入り込もうとしません

 

オオカミ君
一言でいえば、「利用規約か法律でJKの利用は禁止なので、順当に少ない」ってことだぜ。

 

婚活寄りの出会いであるため、JKが入ってきにくい

JK(女子高生)は、出会い・恋愛に興味津々な年齢です。

ただし、マッチングアプリに潜り込もうとするかといえば、そこまでではありません。

 

オオカミ君
なんでだよ?

 

マッチングアプリ各社は、「婚活」「結婚につながる真面目な出会い」をうたっています。

これは「うちは出会い系とは違う」というマッチングアプリ側のPRでもあるのですが、婚活目的「以外」の人の登録ハードルを上げる効果もあります。

 

「彼氏が欲しいJK」「出会いが欲しいJK」「遊びたいJK」「年上男性にあこがれ、デートしてみたいJK」は存在します。

少ないとは思いますが、「エッチしてみたいJK」もいるかもしれません。

 

しかし、「最初から結婚を目的としているJK」は少数派です。

使ってみるとわかるのですが、マッチングアプリが「結婚適齢期の男女のための婚活アプリ化」し過ぎたため、JKは意外と少ないです。

 

連絡先交換が遅めであるため、JKだと気づけない

マッチングアプリでは、JKだとわかるまでが一苦労です。

  1. 顔写真を見て、いいなと思ったら「いいね」する
  2. お互いに「いいね」した場合のみ、メッセージ開始
  3. メッセージでかなり仲良くなったら、連絡先交換(男性も定額なので連絡先交換を急ぐ慣習がない)
  4. 連絡先交換をした後に、初めて「JK」だとわかる

 

マッチングアプリ内でのやりとりで「JKだ」と明かすと、アカウントが削除されます。

ですので、LINEやSNSアカウント、メアドなどの連絡先交換後に明かすことになるのですが、マッチングアプリではそこまでが異常に長いのです。

 

オオカミ君
マッチングアプリだと女性は無料、男性も月額定額だから、連絡先交換のハードルが高いんだぜ。
お互いにアプリ内でのやり取りでも問題ないはずじゃから、1度会うまで連絡先は教えてくれない子もいるくらいじゃな。
齋藤編集長

 

良くて「LINEなどの交換まで」、悪いと「実際に会うところまで」たどり着いてから、やっとJKなのかJKではないのかが分かるのがマッチングアプリです。

そのため、JKだけを狙っている人の場合にはとんでもなく非効率です。

 

JK狙いならマッチングアプリではなく出会い系である理由

JKと出会いたいのであれば、マッチングアプリよりも出会い系(出会い系サイト・出会い系アプリ)がおすすめです。

これには、明確な理由があります。

  • 年齢認証があることは同じ
  • 遊び・暇つぶしの出会いであるためJKが興味を持ちやすい
  • 連絡先交換が早い文化があるのでJKを見分けやすい
  • 一部の出会い系は10代に強い(10代が多い)

 

齋藤編集長
それぞれの理由について、ワシ自身の実際の経験から解説していくのじゃ。

 

年齢認証があることは同じ

まず最初に申し上げておくと、以下の点については、出会い系であってもマッチングアプリと同じです。

  • 出会い系サイト規制法の規制対象である
  • 18歳未満は利用規約により登録禁止である
  • 18歳であっても、高校生は登録禁止である
  • 年齢を審査するため、免許証のアップロード等による年齢認証が存在する

 

上記の点は同じなのですが、ここから述べる3つの理由により、マッチングアプリよりも出会い系の方がJKに出会いやすいです。

これは「理屈上そうなる」という話でもありますが、筆者自身が15年以上出会い系を利用してきた「経験上、実際にそうであった」という理由が大きいです。

 

オオカミ君
年齢認証があるのに、どうやってJKが入ってくるんだよ?
ワシの経験では、親や兄弟の免許証を借りて年齢認証をすり抜けた子が多かったのじゃ。
齋藤編集長

 

遊び・暇つぶしの出会いであるためJKが興味を持ちやすい

マッチングアプリと出会い系の最大の違いが、利用者の目的です。

 

マッチングアプリは、婚活や(婚活に近い)恋活に使われます。

一方、出会い系は、遊びの出会いや(遊びに近い)恋活、暇つぶし等に使われることが多いです。

 

2024年現在では、結婚を視野に入れているしっかりした10代女性も存在しますが、まだまだ少数派です。

一般的なJK(女子高生)は、「彼氏が欲しい」「出会いが欲しい」「遊びたい」「年上男性にあこがれ、デートしてみたい」のような動機を持っていることが多いです。

 

出会い系であれば割と気軽に使えますし、今は「マッチングアプリ」としてまとめて紹介されていることも多いです。

2024年現在のJKは「出会い系の全盛期=出会い系が犯罪の温床扱いだった時代」を知らないため、遊び・暇つぶしに出会い系を使うことに抵抗がありません。

 

連絡先交換が早い文化があるのでJKを見分けやすい

マッチングアプリよりも出会い系でJKを探すのが効率的な理由のひとつが、JKかJKではないのかが早い段階で見分けられる点です。

すでに述べたとおり、マッチングアプリでJKだと判明するまでのプロセスは以下の通りです。

  1. 顔写真を見て、いいなと思ったら「いいね」する
  2. お互いに「いいね」した場合のみ、メッセージ開始
  3. メッセージでかなり仲良くなったら、連絡先交換(男性も定額なので連絡先交換を急ぐ慣習がない)
  4. 連絡先交換をした後に、初めて「JK」だとわかる

 

これに対して、出会い系でJKだと判明するまでのプロセスは以下の通りです。

  1. プロフィールを見て、片方(=あなた)がいいなと思ったら「メッセージ」を送る
  2. メッセージのキャッチボールがある程度できたら、すぐに連絡先交換
  3. 連絡先交換をした後に、初めて「JK」だとわかる

 

出会い系では、連絡先を交換するハードルが低いため、相手がJKだと判明する(JKではないと判明する)までのプロセスが短いのです。

出会い系は(マッチングアプリとは異なり)ポイント制であり、1通ごとに男性側にポイント消費があるため、早めに連絡先交換をする文化があるからです。

 

一部の出会い系は10代に強い(10代が多い)

一部の出会い系は、広告宣伝媒体の関係で、10代が多いです。

次の項で述べるとおり、ハッピーメール等の一部の出会い系では伝統的に10代~20代前半が多いです。

 

とはいえ、マッチングアプリにも、10代ユーザーの割合が多いアプリは存在します。

具体的に言えば「タップル」がその条件を満たすのですが、以下の理由からおすすめはできません。

  • タップルはマッチングアプリなので「マッチングアプリでJKに会うのが難しい理由」がそのまま当てはまる
  • タップル自体、ペアーズ等の他のマッチングアプリに比べて出会いやすいとは言えない
  • タップルでは、10代男性(もしくは20代前半の男性)と10代女性のカップルが多い

 

対処法:JKに出会いやすい出会い系アプリ3選

女子高生ばかりが登録している出会い系アプリはありません。

しかし、広告が掲載されるメディア等の関係で10代女性が多く、結果としてJKに出会いやすい出会い系であれば存在します。

 

2024年現在、JKとの出会いにおすすめの出会い系は「ハッピーメール」「Jメール(ミントC!Jメール)」「PCMAX」の3つです。

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る日本最大の出会い系です。

10代~20代前半の若い女性が多い出会い系としても知られ、実際に筆者の「10代との出会い実績」ではハッピーメールがトップです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、ハッピーメールと並んで10代との遭遇率が高い出会い系です。

Jメールは出会い系の中で女性比率が最も高く、エッチな出会いに特化しています。10代女性とのエッチを目指す男性にはイチオシです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

PCMAXは、特に10代女性が多い出会い系ではありません。

しかしながら、Jメールに次いでエッチな出会いに強く、男性料金が最も安く、アクティブユーザーが多いため、10代に限らずコスパよく出会えることからJK狙いでもおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

オオカミ君
一応言っておくけど、「10代を狙ったらたまにJKがいる」だけであって、基本的にはJKは利用規約上NGな存在だからな。
これも当たり前じゃが、特に「17歳以下のJK」に手を出したら捕まるのじゃ。
齋藤編集長

 

まとめ:JKに出会うならマッチングアプリではなく出会い系

JKに出会いたいのであれば、マッチングアプリよりも出会い系アプリ(出会い系サイト)がおすすめです。

とはいえ、18歳未満(17歳以下)のJKに安易に手を出すと捕まりますので、その点にはご注意ください。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-属性別の出会い

© 2024 週刊現実