出会い系で彼女を作る

弱者男性の出会いが出会い系一択な理由5つ

弱者男性 出会い

こんな方におすすめ

  • 自分は、いわゆる「弱者男性」だと思っている
  • 弱者男性だが、出会いが欲しい
  • マッチングアプリなどを利用してネットで出会おうとしているが、なかなか出会えない

 

弱者男性にとって、異性との出会いは少なくなりがちです。

 

オオカミ君
異性との出会いがめっちゃ多いなら、むしろそれだけで強者側かもな。

 

結論を言ってしまうと、異性との出会いがない弱者男性におすすめなのは、出会い系(=出会い系サイト・出会い系アプリ)です。

今回は、ネット出会い歴15年以上の経験から、弱者男性の出会いが出会い系一択な理由について解説していきます。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

 

弱者男性の定義は広いですが、共通して「異性にモテる要素に恵まれていない」ということが挙げられます。

そもそも出会い自体が全くない、という弱者男性も非常に多いです。

 

本記事の結論は「弱者男性の出会いであれば出会い系一択」というものです。

筆者は出会い系を15年以上使い続けていますが、出会い系は間違いなく弱者男性に向いたツールです。そう断言する根拠は、以下の5つです。

  1. 出会い系は婚活以外のすべての用途に対応している
  2. 顔写真を前提としていないため、見た目に自信がなくても出会える
  3. 婚活が前提ではないため、年収や職業があまり気にされない
  4. メッセージでゆっくりと仲良くなれる
  5. 圧倒的な会員数がいるため、弱者男性を受け入れる女性も多い

 

弱者男性専用の出会い系はありませんので、優良出会い系の中で出会いやすいものが順当におすすめです。

具体的には、筆者自身が2024年現在使っている、以下の3つです。

 

オオカミ君
それぞれの出会い系について、簡単に補足しておくぞ。

 

PCMAXは、間違いなく「最もエッチな出会いがしやすい出会い系」です。

その理由は、新規登録者およびアクティブユーザー数の多さ。出会い系の中で最も安いことや、エッチな出会いに強いわりに業者が少ないことも特長です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、出会いやすいです。PCMAXに次いでエッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

本記事の結論は以上となります。

弱者男性の出会い方についてより詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

前提:弱者男性とは

そもそも弱者男性は、かなりあいまいに使われている用語です。

簡単に言えば、見た目や収入、コミュ力などが低いレベルにある男性のことです。(障害による場合を含む)

弱者男性(じゃくしゃだんせい)とは、独身・貧困・障害など弱者になる要素を備えた男性のことである。
多くの評論では、「弱者」の定義は曖昧だとしつつ、その構成要素の候補として、労働の非正規性や収入、容姿、コミュニケーション能力、パートナーの有無、発達障害や精神疾患の傾向などが挙げられている。

出典:Wikipedia「弱者男性」

 

弱者男性は社会における様々な面で困難を抱えますが、当メディアは社会派メディアではないため、その点についての評論は避けます。

当メディアは出会い専門メディアであるため、「弱者男性はモテない」「弱者男性には出会いがない」という面だけにフォーカスしてお話します。

 

齋藤編集長
元プロゲーマーのたぬかなさんが、「弱者男性向け合コン」を開いて話題になったのじゃ。
ニュースだけ見るとヤバい人なのかと思いきや、実際にトークを聞いてみるとかなりまともな人なんだよな。
オオカミ君

参考たぬかな 主催した「弱者男性合コン」への批判にブチ切れ「ブサイクみて笑って楽しみたかった?」

 

弱者男性の出会いが出会い系一択な理由5つ

弱者男性の出会いが出会い系一択である理由は、以下の5つです。

  1. 出会い系は婚活以外のすべての用途に対応している
  2. 顔写真を前提としていないため、見た目に自信がなくても出会える
  3. 婚活が前提ではないため、年収や職業があまり気にされない
  4. メッセージでゆっくりと仲良くなれる
  5. 圧倒的な会員数がいるため、弱者男性を受け入れる女性も多い

 

齋藤編集長
ワシ自身の経験から、それぞれ解説していくのじゃ。

 

出会い系は婚活以外のすべての用途に対応している

数あるネット出会いの中でも、出会い系の用途は非常に広いです。

  • 恋人探し
  • 友達探し
  • メル友探し
  • セフレ探し
  • 不倫相手探し
  • 援交やパパ活の相手探し
  • ゲイ・レズなどLGBTのパートナー探し

 

出会い系では、出会いに関する限り(婚活以外の目的であれば)何でもできます。

「出会い系=いかがわしい」と思っている人も多いですが、ペアーズなどのマッチングアプリが出てくる2010年代までは、出会い系はネットで彼女をつくるメインの方法でした

 

齋藤編集長
現在でも、十分に可能じゃ。
実際には、彼女から結婚相手に発展することもよくあるから、結婚もできるんだけどな。
オオカミ君

 

これは弱者男性の方に限ったことではないのですが、どのようなニーズを持っていたとしても、「出会い系で叶わない」ということはありません。

 

顔写真を前提としていないため、見た目に自信がなくても出会える

他のネット出会いと全く違う点が、この部分です。

出会い系では、プロフィールの顔写真掲載を前提としていないため、顔や体型などの見た目に自信がなくても出会えます

 

一方で、マッチングアプリは「顔を見て、ありかなしかを判断する」仕組みであるため、イケメン・美女が有利になりすぎる仕組みだと言えます。

筆者自身がブサメンなので断言できるのですが、マッチングアプリなどだとブサメンは明らかに、そして圧倒的に出会いにくいです。

参考出会い系の写真はどうする?ブサメン歴30年以上が写メ交換を解説!

 

男女ともに、ごく一部のリア充にいいねが集中し、それ以外はいいねをもらえないのがマッチングアプリなのです。

 

オオカミ君
以下はティンダー(Tinder)の使い方を説明した画像だけど、どう考えても弱者男性には不利だよな。
他が悪くても、見た目には自信がある弱者男性もいるじゃろう。そういう人ならやってみる価値はあるのじゃ。
齋藤編集長
Tinder 不倫 スワイプ

 

すでに述べた通り、出会い系は用途が広く、不倫やセフレ作りにも使われてきました。

つまり「後ろめたい出会い」も行われてきた場所であるため、たとえ写真がなくても出会える文化があるのです。

 

婚活が前提ではないため、年収や職業があまり気にされない

弱者男性の中には、年収や職業に自信がない方も多いでしょう。

そういった方がマッチングアプリに参入した場合、顔写真よりもむしろ、年収や職業が原因で出会えないことも多いはずです。

 

齋藤編集長
婚活サイトやマッチングアプリでは、年収や職業の記載はほぼ必須なのじゃ。
そもそも、顔写真以外はそこしか見ていない人がほとんどだしな。
オオカミ君

 

一方で、出会い系では事情が異なります。

「婚活以外はなんでもできる」と書いた通り、出会い系では婚活が前提ではないため、そもそも年収や職業で選ぶ女性が少ないのです。

 

メッセージでゆっくりと仲良くなれる

弱者男性の中には、トーク(=実際に顔を合わせての会話)が苦手だという方も少なくありません。

合コンに放り込まれたとしても、出会いにつなげられる自信がないという方も多いでしょう。

 

オオカミ君
むしろ、合コンに放り込まれて彼女を作れるようなヤツは、弱者男性と言えるのか怪しいと思うぞ。

 

マッチングアプリとは異なり、出会い系には「顔写真にいいねをし合わないとメッセージすら送れない」というハードルがありません。

出会い系では、出会うまではメッセージでゆっくりと仲良くなれます

 

齋藤編集長
出会う際には、すでにある程度の人間関係ができているので、多少は挙動不審でも大丈夫じゃ。

 

圧倒的な会員数がいるため、弱者男性を受け入れる女性も多い

出会い系には、圧倒的な数の会員が登録しています。どのくらい圧倒的かと言えば、以下の通りです。

  1. ハッピーメール:3,500万
  2. PCMAX:2,000万
  3. イククル:1,500万
  4. YYC(ワイワイシー):1,500万
  5. ワクワクメール:1,000万
  6. ミントC!Jメール:800万

出典:累計登録数ベース。週刊現実が2024年に行った独自調査による

 

齋藤編集長
これは累計会員数なので、まさに現在、ハッピーメールに3,500万が会員登録して活動しているというわけではないんじゃがな。
日本の人口を考えても、それはあり得ないからな。
オオカミ君

 

会員数が多いことが何を意味するかと言えば、「様々な好みを持った女性が、それぞれ一定数以上いる」ということです。例えば・・・

  • 高学歴・高年収・高身長の3高でないと付き合わない女性
  • ダメンズを甘やかすのが好きな女性
  • 不良タイプが好きな女性
  • 自分より低い身長の男性と付き合いたい女性
  • デブ専の女性
  • 相手の年収をまったく気にしない女性
  • 障害があっても、むしろ支え合うマインドを持った女性
  • 弱者男性以上に、自分に自信がない女性

 

15年以上の経験から断言しますが、上記で挙げたタイプの女性は全て実在します。それも1人2人ではなく、「たくさん」です。

なぜそう言い切れるかというと、母数が数百万人単位であることと、筆者自身が実際に出会ったことがあることの2つです。

 

齋藤編集長
ワシの経験上、コンプレックスがある人ほど、出会い系がおすすめじゃ。信じられないかもしれんが、あなたがコンプレックスに思うことを、逆に好む人も存在するからじゃ。

参考チビ・デブ・ハゲ。コンプレックスがある人ほど、出会い系を使え!

 

弱者男性におすすめの出会い系3選

弱者男性専用の出会い系は、ありません。

 

オオカミ君
ないのかよ!?
ないのじゃ。むしろ、そんな都合の良いものがあったら怪しむべきじゃな。
齋藤編集長

 

弱者男性に特化したサービスを行っているのは、筆者の知る限り、前述のたぬかなさんだけです。

 

オオカミ君
自分で「弱者男性の姫」って言うだけあるな。
とはいえ、参加者が限定されるので、誰でもアクセスできるサービスとは言えないのじゃ。
齋藤編集長

 

とはいえ、ここまでお話してきた通り、出会い系そのものは弱者男性に非常に適した出会いツールです。

よって、サクラのいない優良出会い系のうち、スペック的に出会いやすいものを使うのがおすすめです。

 

2024年現在、筆者自身が使っており、おすすめできる出会い系は以下の3つです。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最も高い出会い系です。

エッチな出会いに特化しているため、弱者男性が童貞を捨てたいという場合には第一候補となるでしょう。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大の出会い系です。

真面目な出会いに強いため、まずは彼女を作ることにチャレンジしたい弱者男性の方にはおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

PCMAXは、男性料金が最も安いことで知られる出会い系です。

弱者男性の場合、経済的に豊かな人は少なめです。コスパの良い出会いをしたい場合には、PCMAXの利用がおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

まとめ:マッチングアプリはリア充用。弱者男性には出会い系がおすすめ

よく知られているマッチングアプリなどは強者男性(と強者女性)のものであるため、実は弱者男性には出会い系がおすすめです。

誤解されがちですが、出会い系ではエッチな出会いだけではなく、彼女を作ることも出来ます。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系で彼女を作る

© 2024 週刊現実