出会い系で不倫をする

浮気旅行がバレない言い訳5選をプロが伝授

浮気旅行 バレない

浮気旅行(不倫旅行)がバレない言い訳について、15秒のショート動画でわかりやすく解説しています!

この記事は以下のような方におすすめ。浮気旅行(不倫旅行)に行きたい方。配偶者や彼女への、宿泊を伴う外出をすることの言い訳が難しい方。浮気旅行がバレない言い訳のパターンが知りたい方。

 

浮気・不倫で一番のイベントと言えば、浮気旅行ではないでしょうか。

実際、リゾート地の高級ホテルや高級レストランは訳アリの浮気カップルばかりだったりします。

 

齋藤編集長
とは言え、悩ましいのが「宿泊旅行の言い訳をどうするか」じゃ。

 

今回は、ネット浮気歴15年以上の経験から、浮気旅行がバレない言い訳について解説していきます。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

バレない浮気旅行(不倫旅行)についての結論

 

浮気の言い訳はたくさんありますが、宿泊を伴う浮気旅行の言い訳となると限られてきます。

浮気旅行がバレない言い訳は、以下の5つです。

  1. 仕事で出張する
  2. 実家に帰省する
  3. 遠方の学生時代の友人と会う
  4. 遠方のセミナーに参加する
  5. 宿泊が必要な趣味(1人旅やソロキャンプ)を始める

 

言い訳さえ出来てしまえば、他に浮気がバレる原因はダントツで「スマホ」と「知人」です。

共通の知人のいないネット出会いであれば、バレにくさは非常に高いのです。

 

2000年代以降20年以上、日本でネットでの浮気・不倫の出会いを担ってきたのは常に「出会い系」です。

2024年現在、サクラのいない優良出会い系の中で出会いやすいのは、以下の3つです。

 

PCMAXは、間違いなく「最もエッチな出会いがしやすい出会い系」です。

その理由は、新規登録者およびアクティブユーザー数の多さ。出会い系の中で最も安いことや、エッチな出会いに強いわりに業者が少ないことも特長です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。また、業者の少なさも出会い系業界でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、出会いやすいです。PCMAXに次いでエッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

本記事の結論は以上となります。

浮気旅行がバレない言い訳についてより詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

前提:浮気の言い訳は多いが浮気旅行だと難易度が上がる

不倫の言い訳は多いが、旅行に使えるものはそこまで多くなく、いくつかのパターンがある

不倫・浮気で使える言い訳ランキング10選」という記事でご紹介した通り、浮気の言い訳は多いです。

  1. 仕事が忙しい(出張等)
  2. 仕事の相談を受ける
  3. 取引先の人に誘われた
  4. ソロキャンプのため(不倫旅行)
  5. 趣味で外出の必要がある
  6. 友人と会う
  7. 体調が悪い
  8. 友達にスマホを操作された・迷惑LINEに対処していた
  9. 遠方の親戚と会う
  10. スマホがおかしい・SNSが乗っ取られた

 

ただし、宿泊を伴う「浮気旅行」がしたいとなると、難易度は上がります

人にもよりますが、通常は仕事や趣味、冠婚葬祭等で宿泊する機会は限られますし、何度も出かけるとなるとかなり怪しいからです。

 

オオカミ君
この記事では、宿泊旅行でも、出来るだけ怪しまれない言い訳だけを厳選して解説しているぜ。

 

浮気旅行がバレない言い訳5選

浮気旅行がバレない言い訳は、以下の5つです。

  1. 仕事で出張する
  2. 実家に帰省する
  3. 遠方の学生時代の友人と会う
  4. 遠方のセミナーに参加する
  5. 宿泊が必要な趣味(1人旅やソロキャンプ)を始める

 

齋藤編集長
それぞれ、ワシ自身の実際の経験から解説していくのじゃ。

 

仕事で出張する

もし可能であるならば、最も使いやすい言い訳は「仕事での出張」でしょう。

平日でも休日でも、仕事であれば宿泊出張はあり得ますので、どんなときにでも使えます。

 

ただし、以下のような方はこの言い訳を使いづらい(使うと怪しまれやすい)です。

  • 出張がほぼ必要ない職種や業務内容である
  • 職場と配偶者(恋人)につながりがある(本当は出張がなかったことがバレる可能性がある)
  • クレジットカード等の履歴がチェックされる(ホテル名や新幹線の購入状況等からバレる可能性がある)
  • 頻繁に浮気旅行に行く(頻繁な出張は怪しまれやすい)
  • 今まで出張したことがない

 

オオカミ君
使える人は限られるけど、王道中の王道とも言えるな。

 

実家に帰省する

実家への帰省も、不倫旅行の言い訳になります。

帰省で実家に宿泊するのは普通ですし、配偶者(恋人)からすると義理の両親に会うのは緊張するため、わざわざついていきたくもないことが多いからです。

 

ただし、以下のような方はこの言い訳を使いづらい(使うと怪しまれやすい)です。

  • 通常、実家には配偶者(恋人)を連れていく
  • 配偶者(恋人)と親がLINE等の連絡先を交換している(本当は実家に行っていないことがバレる可能性がある)
  • クレジットカード等の履歴がチェックされる(実家に行ったはずなのにホテルに泊まったことがバレる)
  • 頻繁に浮気旅行に行く(頻繁に実家に行くのは怪しい)
  • もともと実家に帰る習慣がほとんどない

 

オオカミ君
配偶者(恋人)と実家のつながりがほとんどない人なら、使えるぜ。

 

遠方の学生時代の友人と会う

遠方の学生時代の友人と会う、というのも浮気旅行の言い訳になります。

友人と会うからと言って、友人の家に泊まるとは限らないため、ホテルを利用しても不自然ではないこともポイントです。

 

とはいえ、遠方の友人に泊まりで会いに行く習慣がある人は限られますので、「結婚式」などの理由を追加で用意する必要があるかもしれません。

その場合、準備の仕方によっては「結婚式に行くのに、この持ち物はおかしい」と思われる可能性もありますので、注意が必要です。

 

特に、以下のような方はこの言い訳を使いづらい(使うと怪しまれやすい)ため、やめておいた方がよいでしょう。

  • 配偶者(恋人)から、友人とのLINEやFacebook等でのやりとりを見せることを要求されそうである
  • 遠方の友人とどこで知り合ったのかが説明できない(ただし「引っ越した学生時代の友人」とすれば大抵は大丈夫)
  • 頻繁に浮気旅行に行く(頻繁に遠方の友人に会いに行く人は多くないため)
  • 配偶者(恋人)と友人関係がほぼ同じで被っている(幼なじみなど)
  • 学生時代の友人がいないことが配偶者(恋人)に知られている

 

遠方のセミナーに参加する

筆者は出会い系メディア(当サイト、週刊現実)を運営しています。

ある意味では「ブロガー」とも言えますので、ブログ運営等に関するセミナーに参加することもあります。

 

齋藤編集長
まあ、ぶっちゃけ参加は「ごくたまに」という感じじゃけどな。

 

日本の平均年収はここ数十年間停滞しており、副業やプチ起業、フランチャイズや投資などのセミナーに参加する人は増えています。

こういったセミナーは日本全国でやっているため、泊りがけで参加する人もいます。

 

誰でも、マイブームとして何か(※副業など)にハマることはあるため、この理由は誰でも使いやすいのが強みです。

ただし、以下のような方だと、浮気旅行の言い訳としては使いづらいかもしれません。

  • セミナーが開催されやすい東京や大阪、またはその近郊に住んでおり、わざわざ別の地方のセミナーに泊りがけで行く利用づけが難しい
  • セミナーに参加すること自体がキャラに合っていない(その理由自体が怪しまれそうだと感じる)
  • 何か怪しいことにハマっていると配偶者(恋人)から思われそうで、嫌である

 

オオカミ君
この理由は、かなり使いやすくはあるぞ。

 

宿泊が必要な趣味(1人旅やソロキャンプ)を始める

最終手段であり、誰でもできるのが宿泊が必要な趣味を始めることです。

 

具体的には、1人旅やソロキャンプなどがそれにあたるでしょう。泊りがけのイベントが実在するサークルに入るのも手です。

現在、これらの趣味を始める人は多いため、よほど「1人旅なんてありえないキャラ」「キャンプなんて絶対にしないキャラ」でもない限り、あり得るでしょう。

参考キャンプが不倫におすすめな趣味である理由と出会い方

 

この方法のデメリットは1つだけです。

それは、その趣味を(泊りがけで行くくらいに本気で)やっていると配偶者(恋人)に信じさせなくてはならないということです。

 

ある程度、その趣味に関する知識がないと不自然ですし、1人旅用のグッズやソロキャンプ用の支出も必要になるかもしれません。

ですので、実際に始めてもいいレベルの「興味のある趣味」を選ぶべきですし、関連する雑誌の1冊や2冊は(カモフラージュのためにも)買っておくべきでしょう。

 

齋藤編集長
その他、クレジットカードの利用履歴などを見られてしまう場合には、その関連支出がないとおかしいじゃろうな。
ソロキャンプなのに、ホテルに宿泊しているとかは論外だもんな。
オオカミ君

 

ちなみに、配偶者(恋人)が興味を持ちそうな趣味を選ぶのはやめておいた方がいいでしょう。その理由はシンプルで、「私もやる!」と言われてしまうからです。

 

出会い系で会った人との浮気旅行はバレにくい

浮気旅行の言い訳が出来たとしても、完全に安心という訳ではありません。

浮気旅行に行かない浮気カップルも、場合によっては浮気バレしているからです。

 

とはいえ、浮気がバレる原因は限られています。

データからも明らかなのですが、浮気がバレる原因の1位は「スマホ」、2位と3位は「共通の知人(目撃されたりバラされたり)」です。

浮気がバレた理由人数と割合
1位:スマホを見られた18人(約42%)
2位:一緒にいるところを目撃された9人(約21%)
3位:知人からばらされた5人(約12%)
4位:罪悪感で自分から言った4人(約9%)
5位:浮気調査をされてバレた3人(約7%)
その他4人(約9%)

出典:探偵BLUE「男女200人に聞いた!浮気がバレた理由ランキングTOP5」

 

スマホは気を付けるしかないのですが、共通の知人は違います。

共通の知人がいるリアルでの浮気(職場、友達等)はそもそも目撃されやすく、ウワサにもなりやすいため、バレやすいのです。

 

齋藤編集長
バレない浮気の条件は「ネット出会いで出会うこと」なのじゃ。
ネット出会いなら、自分と浮気相手の「共通の知人」なんているはずないもんな。
オオカミ君

 

ネット出会いの中でも、不倫・浮気に強いものは出会い系しかありません。

当メディア「週刊現実」では何度も解説してきたことなのですが、その理由は以下の通りです。

  • 不倫サイト・不倫SNS・不倫掲示板等が詐欺だから
  • 既婚者OKで、実際に20年以上、浮気・不倫の出会いを担っているから
  • Twitter(X)などとは異なり、出会うためにあるツールだから
  • マッチングアプリとは異なり、究極の個人情報である「顔写真」なしで会える文化があるから

 

出会い系といっても、ほとんどは詐欺サイト・詐欺アプリです。

ですので、最低限「サクラのいない優良出会い系」を使う必要がありますし、その中でも不倫・浮気に強いものをおすすめします。

具体的に、その条件に該当するのは以下の3つだけです。

 

オオカミ君
それぞれの出会い系について、簡単に補足しておくぜ。

 

PCMAXは、男性料金が最も安い出会い系です。

ただ単に安いだけではなく、出会い系の中で最も浮気・不倫に強いため、コスパ良く浮気旅行の相手を見つけたい場合にはイチオシです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、出会い系の最大手です。

特に浮気に強いわけではありませんが、最大手らしくサイトパトロールが強く、業者が少ないため初心者でも出会いやすいです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最も高い出会い系です。

PCMAXと並んで浮気・不倫やセフレ、割り切りなどのエッチな出会いに強いため、浮気旅行の相手探しにもおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

まとめ:浮気旅行するなら言い訳が重要

浮気旅行では、事前準備として「言い訳をどうするか」を考えておくことが肝心です。

 

また、言い訳だけではなく出会い方も重要です。

職場やPTA経由等のリアルなコミュニティ経由の浮気だと「知人からバレる」という可能性が高いので、ネット出会い(特に出会い系)がおすすめです。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系で不倫をする

© 2024 週刊現実