女性のための出会い系攻略

喪女を脱出する、たった1つの方法【完全保存版】

喪女 脱出

すみません、結論から言います。

 

喪女を脱出するのはカンタンです。そのためにはネットを使うべし、これだけです。

筆者のようなネット出会いを15年以上やってきた男性からすると、喪男がいることは理解できても、喪女がいる理由が分かりません

 

オオカミ君
おいおい、煽ってんのかよ?読者がブラウザバックしちゃうぞ?

 

煽っているわけではありませんし、怒らせるつもりもありません。

ただ単に、ネット上であれば、女性はいくらでもモテるのになあ・・・と思っています。

 

ただ、「それだけじゃよく分からんから検索してんだろうが!」とお怒りの方もいらっしゃると思いますので、今回は喪女を脱出する方法について書いていこうと思います。

 

オオカミ君
タイトルから分かると思うけど、この記事は、このブログにしては珍しく女性向けだぞ!

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

喪女とは何か? 喪女は本当に少数派なのか?

念のため、喪女(もじょ)とは何なのかというところからお話しておきます。

 

喪女とは、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)で使われていた用語の内の一つで、「モテない女性」→「モ女」→「喪女」と変遷しています。

要はモテない女性、を略した形が喪女ということです。

 

Wikipediaによると、以下が喪女の定義だということです。

  • 交際経験が皆無
  • 告白されたことがない人
  • 純潔であること
  • 恋愛感情を持たれたことがない人

 

ここで、自分は喪女だと思っている方に一つだけお伺いしたいのですが、

  • 交際経験が皆無
  • 告白されたことがない人
  • 純潔であること

 

上記の三つは確かに客観的にわかることだと思いますが、「恋愛感情を持たれたことがない」となんで分かってしまうのでしょうか?

 

オオカミ君
それは、確かに。

 

そもそも、今の男性はあまり告白をしません。ですので、実は多くの女性が「告白されたことがない」という事態に陥ってると思います。

告白されたことがないので、必然的に交際経験が皆無ですし、もちろん純潔になる、というわけです。

 

実際に、厚生労働省の実施している「第14回出生動向基本調査」によると、ほぼすべての年代で「半分の女性には彼氏がいない」という結果になっています。

喪女 統計 厚生労働省

 

見づらいので、文字でも載せておきますね。交際相手(彼氏)のいない、未婚者の割合です。

  • 18〜19歳(10代後半)・・・59.8%
  • 20〜24歳(20代前半)・・・47.4%
  • 25〜29歳(20代後半)・・・43.8%
  • 30〜34歳(30代前半)・・・53.4%

 

おそらくあなたは自分を喪女だと思ってこのページをご覧になっていると思います。

しかし、こういったデータを見ると、実は世の中って、私たちが思っているほどリア充やパリピが多いわけではないのではないか、と思いませんか?

 

オオカミ君
もしかしたら、世の中の半分くらいの女性が「自分は喪女」と思って生きているかもしれないぜ!

 

チビ、デブ、ハゲこそ出会い系を使うべき理由

筆者が男性向けに書いた記事に、「チビ・デブ・ハゲ。コンプレックスがある人ほど、出会い系を使え!」というものがあります。

 

なぜ突然この記事を挙げたかというと、この記事は、接する異性を「ネット上=日本全体」に広げることによって、チビだろうがデブだろうがハゲだろうが、間違いなく自分を気に入ってくれる異性が出てくる、ということをお伝えした記事だからです。

 

99%の人から見るとネガティブな個性だとしても、それを魅力だと感じ、ポジティブに受け入れる人は必ず存在します。

いないとしたら、現状では周りに100人くらいしかいないからです。100万人いれば、必ず存在します

 

同じように、あなたが自分のことを喪女だと思っているとしたら、あなたの周りの人があなたの魅力に気付けていないだけかもしれない、と筆者は考えています。

「あなたの魅力」とか言われても、「そんなものないよ、ないから喪女なんじゃないか(怒)」と思われているかもしれませんね。

 

しかし、断言します。あなたの魅力はあります

 

オオカミ君
おお、言い切るね!
言い切れるのじゃ。
齋藤編集長

 

多くの男性にとっては、「ない」かもしれません。

かく言う筆者ですら、あなたにお会いしたら、「魅力的」とは思わないかもしれません

 

しかし、あなたの魅力を認めてくれる人は必ず実在します。

多くの人には見えない魅力かもしれませんが、認めてくれる人がいる以上、それは「ある」のです。

 

自分に自信を持つ方法

ここで、残酷な事実を公開しましょう。

 

喪女って、なんで喪女なんでしょうか?

デブだからでしょうか?ブスだからでしょうか?

 

デブでも明るく生き、ある程度男性にモテている人は存在します。

ブスでも同じです。

 

齋藤編集長
たぶん、あなたの知り合いの中にもいるんじゃないかの?客観的にはデブやブスだが、割とモテている子が。

 

見た目の問題は、モテに関係はあるのですが、根本的な要因ではありません。

 

喪女が喪女であるただひとつの理由は、その自信のなさです。

自信のなさがネガティブさを生み、異性と向き合うことを困難にし、結果的にモテない、というループを生み出してしまっているのです。

 

オオカミ君
だからってさ、自信を持つには一体どうしたらいいんだよ?

 

自信を持つには成功体験を積むことが必要です。

しかし、そもそもその成功体験を得ることが難しいから困っているはずですよね。

 

失敗は成功の母、と言われますが、もしそれが本当であれば、恋愛において失敗し続け、喪男や喪女になる人はいないはずです。

だとすれば、失敗は成功の母ではありません。

 

真実は、こうです。「小さな成功こそが成功の母」なのです。

成功するためには、どんなに小さくてもいいので、同じ分野での成功体験が必要なのです。

 

ですので、恋愛面において成功するためには、偶然であっても、どんな小さなものであってもいいので、恋愛面においてほんの小さな成功をおさめることが必要になります。

 

つまり、あなたが以下のように思う必要があるのです。

  • 「私だって捨てたものじゃないかも?」
  • 「私みたいな人をいいって言ってくれる男性もいるんだな」
  • 「ちょっと努力すれば彼氏できるかもしれない?」

 

そう思うために重要なのが、世界を広げることです。

少なくとも、今まであなたの周りには、あなたに積極的にアプローチをし、告白し、付き合おうと言ってくれる、素敵な男性はいなかったのですよね。

 

だとしたら、やることは単純です。

 

そういった素敵な男性が出てくるまで、あなたが接する範囲を広げるということです。

もっと具体的に言えば、ネットを利用することで、日本全体にあなたが接することができる男性の範囲を広げていくということです。

 

そうすれば、あなたの個性を受け入れてくれる男性が存在するということを、あなたは知るでしょう。

あなたは小さな成功、小さなモテる実感を得て、喪女を脱出することができるでしょう。

 

これが喪女の正しい脱出方法です。

 

オオカミ君
ちなみに、同じ方法で「喪男」を脱出したブサメンの編集長が言うんだから、間違いないぞ!
個人的には、顔面偏差値40くらいはあると思ってるんじゃが…。
齋藤編集長
オオカミ君
…色んな意味で反応に困るコメントだぜ。(たぶん顔面偏差値20くらいだけど、言わないでおこう)

 

よく喪女の脱出方法として、メイクや服装や髪型などの「見た目」に気を使う、ということを書いている本やサイトがありますが、これは本質的ではありません。

 

半分の女性に彼氏がいないということは、彼氏がいない女性の中には相当な美人もいるはずです。

逆に、半分の女性に彼氏がいるということは、彼氏がいる女性の中には相当な不美人もいるはずです。

 

もちろん、見た目に気をつかった方が良いに越したことはありませんが、本質はそこではありません。

本質は、きちんと異性にアプローチできるだけの自信を持てるかどうかです。

 

そしてその自信はメイクや服から出来てくるものではなく、実際に男性に接し、良い感触を得られることで出来てくるものです。

 

自分磨きというのはどこまで行っても終わりがなく、満足もせず、自信がついたりもしないものです。

これが、既に相当美人の女性が自分磨きを継続し、その割には良い男性に出会えず、ずっと自分磨きを続ける羽目になる理由です。

 

もう少し、ポジティブに行きませんか。

 

あなたが喪女を脱出するのは今

あなたは自分を喪女であると思い、何年も悩んできたのかもしれません。

しかし、ネットであなたが接する範囲を広げることで、あなたにぴったりの人は必ず見つかります

 

あなたが今まで接してきた男性は、せいぜい100~200人の単位だと思います。

しかし、例えば代表的なネット出会いのサイトである「ハッピーメール」は累計で3,500万以上の会員がいますので、その半分の1,500万は(性別的には)あなたの恋愛対象になる人たちです。

 

その中には、あなたがコンプレックスに思ってる部分がむしろ好きだという人も必ずいます。

 

男性だとマッチングサイトや出会い系サイトなどで出会うのは(デリヘル業者などの障害物が多く、利用が有料なので)難しいのですが、女性はカンタンです。

女性は性欲に惑わされにくいので業者が存在せず、ほぼ全てのサイトを無料で利用できるからです。

 

オオカミ君
これ、本当に羨ましいことだからな。男性からすると。

 

繰り返しますが、女性なら、全ての出会いツールを無料で利用できます。

これが冒頭に私が申し上げた、喪男がいるのは信じられても、喪女がいることは信じられない、という理由です。女性ならば、ネット出会いを使えば必ず出会えます

 

ネット出会いでおすすめできるサイト・アプリについては、男性向けにはまとめていますが、女性向けであればペアーズハッピーメールです。

 

齋藤編集長
逆に、PCMAXとかはヤリモク(H目的)の男性が多いから、おすすめ出来ないのじゃ。

 

ペアーズは日本一有名なマッチングアプリだと思いますので、ご存知だと思います。これももちろん出会えますが、顔写真が重要という(喪男・喪女には)厳しい点があります。

もし見た目に自信がなければ、最も健全な出会い系であるハッピーメールを推しておきます。こちらは写真不要です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

それでは、今回の内容は以上です。

最後に、あなたの喪女脱出をお祈りしております。(この記事を読まれたわけですから、その日は間違いなく近いです)

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-女性のための出会い系攻略

© 2024 週刊現実