出会うためのマインドセット

出会い系でメンタルがやられるパターン5つ

出会い系 メンタル

「出会い系ではメンヘラ女によく会える!」

「メンヘラ女はすぐセックスさせてくれるから最高!」

「メンヘラ女と会いたければ、バンギャ(ビジュアル系バンドのファン)を狙え!」

 

上記はすべて事実ですし、うまく使えばエッチしまくれる有用な情報ですが、今回はその話ではありません。

メンタルヘルスが壊れた女の子を狙おう!ではなく、自分のメンタルヘルスが不調になるパターンを書いています。

 

オオカミ君
メンヘラ女性のことは、以前に別の記事で書いているぞ!

参考出会い系でメンヘラ女子に出会ったとき、あなたならどうする?

 

最後にも書いていますが、これらの対処法は、究極的には「これは出会い系ではよくあることだから」と知っておくことです。

ですから、今日は15年以上出会い系をやっているプロが認定する「出会い系あるある」として、自分に起こってしまった時にも「これ、出会い系のベテランでもよく食らうヤツや!」と思っていただければと思います。

 

地雷を連続で引く

まず最初は出会い系サイトで嫌なことランキングとかあったらダントツで1位になる、これです。

ずばり、地雷を連続で引く

 

出会い系サイトを利用していれば、極端なブスや、人格破綻者などのいわゆる「地雷」を引くことは少なからずあります。

その確率は(やり方にもよりますが)おそらく低くて1割、高くて3割程度でしょう。

 

実は、これは珍しいことではありません。

仮に地雷に会う確率が2割だとすると、20%×20%=4%程度の確率で、地雷を連続で引いてしまうことがあるのです。

 

齋藤編集長
優良な「ハッピーメール」等を利用していても、こればかりは避けられないのじゃ。
これはメンタルをやられるかもな!
オオカミ君

 

私のような専業出会い系ユーザー(要は仕事もせずに出会っているバカ)ならばともかく、普通にサラリーマンをしながら出会い系をしている人ならば、多くても「週に1人」少なければ「月に1人」ペースでの出会いのはず。

このペースで出会っているのに、連続で地雷は死にたくなります

 

このパターンを避ける方法は以下のようにいくつかありますが、どれも完ぺきではありません。

  • アプローチする際にプロフィールでフィルタリングしておく
  • 事前に写メ交換をする
  • 似ている芸能人を聞く
  • 今まで付き合った人数を聞く

 

絶対に地雷を避ける方法はないので、地雷にあってしまったときにどうするか、ということを考えておくほうが賢明だと思います。

参考出会い系のデータベース(DB)で地雷を避ける方法を徹底解説!

 

かなり仲良くなってから業者と判明

次に、まともに食らってしまうと「やりきれない気持ち」になるのが、こちらのパターン。

かなり仲良くなってから、業者であると判明した場合です。

 

昔であれば、業者というのはすぐにお金の交渉をしてくるか、すぐに別のサイトに移動しようとするか、いずれにせよ行動が非常にわかりやすいものでした。

 

オオカミ君
そういう行動を食らった瞬間に分かったよな。
「あ、業者だな」ということで、連絡をすぐに絶ちさえすれば、被害を受けることはなかったのじゃ。
齋藤編集長

 

しかし今は違います。業者の手口もかなり巧妙化してしまっています。例えばこんなケース。

 

ピュア掲示板で、美人さん発見!あまりに美人なので業者を疑ったものの、お金の話もないし、ライン交換をもちかけられもしない。

自分からライン交換を申し出たら、OK。そのあともラブラブなラインが続いた。

 

そして、いざアポを取ろうとした時のこと。

相手が、「ごめん、このケータイ友達ので、返さなきゃならなくなった!もうライン使えないから、こっちでメールしよぉ?」⇒http://www.goo・・・

 

齋藤編集長
以下、悪質出会い系サイト行きじゃ。

 

ほかに、こんなケースもあります。

「大人の出会い」「アダルト掲示板」において、珍しく素人のセフレ候補を見つけ、1週間後に会うことにし、毎日ラブラブメールを交わし合っていた。

 

有頂天でいたら、会う前日に「今回だけ、2万円もらっていい?次からはもちろんセフレとして、ホテル代もワリカンでいいよ」という業者メールが来た。

 

齋藤編集長
以下、デリヘル業者行きじゃ。

 

これも有効な対処法はありません。途中まで完全に素人のふりをしているので、避けられません。

ここまで時間をかけて芝居をうったのに、見破られてしまう業者も可哀想な気もしますが、こちらも出会うために本気でやっているのです。

 

こういったアクションが出た瞬間に、情け容赦なく、連絡を絶つことにするしかありませんね。

参考業者は優良出会い系にもいるぞ!見分けて避けるための全知識

 

ストーキングされる

これはあまりないパターンだと思います。私も数えるほどしか経験がありません。

何かと言うと、ストーキングされてしまうというパターンです。

 

掲示板に書き込むと、以前に出会ったけどブスだったので1度きりになった女性から「へえー、また募集してるんだ?私に言ったことって何だったの?」みたいなメールが来るパターンです。

 

このパターンになるのは「エッチどころか、キスすらしていない」「なんか危険そうなので、むしろ言動には気をつけるようにした」「ブスの」女性です。

 

ブスだったからといってドタキャンするのがかわいそうなので、「今日はあまり時間がない」とかなんとか言いながら、お食事だけはしてあげた場合にこうなることが多いです。

 

オオカミ君
ブスだと、普通の男は帰っちゃうから、なつかれるのかな?
「優しくされた」「私のことが好きなのかも?」となってしまうのかもしれんのう。
齋藤編集長

 

傷つけてでも、ハッキリ「タイプではない」と断るべきか、15年以上出会い系をやっている今でも迷う選択肢です。

 

短時間に大量のメールをして成果なし

次は、完全に自業自得なやつです。

出会い系サイトを使っていると、どうしてもめちゃくちゃ出会いたい時があります。そんな時は、短時間で非常に多くのファーストメールをばらまいてしまうことになります。

 

オオカミ君
分かる!

 

月額定額制の出会い系サイトでこれをやってもダメージはないのですが、ポイント制の出会い系サイトでこれをやってしまうと大ダメージです。

 

メール1通当たりの額が50円なので、短時間に100通とかばらまいてしまうと、それだけで5,000円です。

月額制の出会い系サイトが、余裕で1~2か月使える金額です。

 

ほとんどのユーザーの方にこの癖はないかもしれませんが、私はストレスがたまるとこれをやってしまいがちなので、自戒の念を込めてここに書いておきます。

 

ちなみにこういう時に限ってほとんど成果がない場合が多いです。

 

齋藤編集長
狙いすましたメールを、狙いたい相手だけに、コツコツ毎日、少しずつ送っておくのが経験上一番効果的な方法じゃぞ。

 

顔を見てドタキャンされる

最後に、一番傷つくやつです。

おそらく待ち合わせの相手っぽい子が、こちらを見て帰ってしまうパターンです。あとから、「急に用事が出来て・・・」とかくる場合もありますが、そのまま完全に音信不通になるパターンもあります。

 

齋藤編集長
これは死ぬほど傷つくのじゃ。
そりゃそうだ。
オオカミ君

 

私は待ち合わせをすっぽかされたこと自体がほぼないのですが、一度だけこのパターンをくらったことがあります。

ドタキャンを避けるためには事前に写真を交換しておく、その際には修正しすぎない(盛りすぎない)などが重要です。

 

あとは、「人には好みがある」ということを覚えておきましょう。

自分を好いてくれる人は、広い出会い系ではかならず出てきますよ。

 

参考チビ・デブ・ハゲ。コンプレックスがある人ほど、出会い系を使え!

 

出会い系でメンタルがやられないために

今回は、15年以上の経験をもとに、出会い系でメンタルがやられてしまうパターンを5つ紹介しました。

これらのパターンは、避けようがないものが多いので、おすすめの対処法は「こういうことがある」と事前に知っておくことです。

 

「それは対処法とは言わん!」とほとんどの人が思うでしょうが、実際、事前に知っておくことでダメージはかなり和らぎます

 

これは、事前にウイルスを少量を体に打ち込んでおくことで本格的な発病を防ぐ、「ワクチン注射」のようなものです。

出会い系では思いがけずいい思いができることも結構ありますが、思いがけずダメージを食らうこともあります。この際、ダメージを食らうパターンをおさえておくことで、ダメージを最小限に食い止められるはずです。

 

メンタルへのダメージを最小化することで、長く、太く、そして楽しく出会い系サイトを使っていきましょう。

出会い系は、ポジティブにやるのが一番成果が出ます。

参考出会い系で全く出会えない・モテない方へ。ポジティブシンキングのすすめ。

 

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会うためのマインドセット

© 2024 週刊現実