Jメール

Jメールの相場のすべてをプロが解説

Jメール 相場

こんな方におすすめ

  • Jメール(ミントC!Jメール)の相場を知りたい
  • Jメールには色々な相場があるが、それらをまとめて教えてほしい
  • Jメールを長年使っているベテランに聞きたい

 

Jメール(ミントC!Jメール)に限らず、出会い系には様々な相場があります。

今回は、Jメール歴15年以上の経験から、Jメールの相場に関するすべてを解説していきたいと思います。

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

結論

まず、本記事の結論から記載します。

Jメールの相場は、「何の相場なのか」によって異なり、以下の通りです。

  • 男性が利用するためのポイント料金の相場は、やや高い
  • 割り切り(援助交際)の相場は、平均的
  • パパ活の相場は、やや低い
  • ママ活は存在しないため、相場も存在しない

 

オオカミ君
実際の金額については、本文中でそれぞれ詳しく解説しているからな。

 

もしJメールの相場が自分に合わないと思う場合には、Jメールと同等以上に出会いやすい別の大手出会い系を利用するのがおすすめです。

とはいえ、Jメールと同等に出会える出会い系は2つしかなく、具体的には「ハッピーメール」と「PCMAX」です。

 

オオカミ君
Jメールと合わせて、ハッピーメールとPCMAXについても補足しておくぜ。

 

PCMAXは、アクティブユーザー数が1日で約60万人もいる出会い系であり、出会い系の中で最も出会いやすいです。

男性料金の安さ等から特に男性人気が高い出会い系ではあるのですが、男性比率が高いことで、女性からしても圧倒的に出会いやすいです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※1日のアクティブユーザー約60万人!圧倒的に出会いやすい

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大手の出会い系です。

出会い系の中で最も万能であり、真面目な出会いにも強いです。業者の少なさも出会い系の中でトップであるため、初心者でも安心・安全に出会えることも強みです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメール(Jメール)は、PCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年から運営している老舗です。

Jメールは出会い系らしい出会い系であり、遊びの出会いに強いです。男女ともに、気軽に出会うという意味では非常におすすめできる出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!遊びの出会いにおすすめの出会い系

 

本記事の結論は以上となります。

Jメールの相場についてより詳しく知りたい方は、続きもぜひお読みください。

 

Jメールのポイント料金相場

まず、Jメールのポイント料金の相場(=男性料金の相場)についてです。(女性は完全無料)

結論から言えば、Jメールの相場は「大手優良出会い系の中では、やや高め」だと言えます。

参考ミントC!Jメールの料金についてプロが徹底解説

 

料金相場は、「課金でもらえるポイント数」と「何ポイントでメッセージ交換ができるのか」で決まります。

まず、ミントC!Jメールにおける課金方法別の料金と、もらえるポイントの対応表は、以下の通りです。

課金金額クレカ決済銀行振込コンビニ払い電子マネーメールカードアプリ決済
1,000円--100pt100pt--
1,500円---150pt--
2,000円-200pt200pt200pt-200pt
3,000円310pt310pt310pt310pt320pt310pt
5,000円670pt770pt520pt520pt-520pt
10,000円1,350pt1,550pt1,200pt1,200pt-1,200pt
15,000円1,950pt2,250pt---1,800pt
20,000円2,650pt3,150pt2,500pt2,500pt-2,500pt
25,000円--3,120pt3,120pt--
30,000円--3,750pt3,750pt--

※この比較表は、必要に応じて横にスクロールすることが出来ます。
※コンビニ払いはセブンイレブンのコンビニダイレクト、銀行振込は三菱UFJ銀行、電子マネーはBitCash、アプリ決済はAndroid版の料金をそれぞれ記載しています。

 

次に、ミントC!Jメールの消費ポイント表(料金システム)は、以下の通りです。

 機能消費ポイント
プロフィールプロフィールを見る1pt(10円)
プロフ写メを見る3pt(30円)
メッセージメッセージを送る7pt(70円)
写メを投稿添付無料
掲示板メッセージ投稿5pt(50円)
掲示板の書き込みを見る3pt(30円)

 

Jメールは「課金でもらえるポイント数」は相場通りですが、「何ポイントでメッセージ交換ができるのか」が高いです。

他の大手出会い系が「メッセージを送るのに5ptが必要」なのに対し、Jメールでは「メッセージを送るのに7ptが必要」だからです。

 

Jメールの割り切り相場

次に、Jメールの割り切り相場についてです。

 

出会い系での割り切り相場は、ほぼ一律です。「Jメールで割り切りをする方法」にも書いた通り、Jメールでも相場通り(以下の表の通り)です。

 大都市圏(東京など)地方(大都市圏以外)
ゴムなしセックス(生ハメ)2~2.5万円(ホテル代別)1.5万円~2万円(ホテル代別)
ゴムありセックス2万円(ホテル代別)1.5万円(ホテル代別)
プチ(フェラ、手コキ)0.5~1万円 0.5~1万円

 

オオカミ君
ハッピーメールでも、Jメールでも、PCMAXでも、割り切りの相場は変わらないってことだな。
うむ。20代女性と、東京で、コンドームを付けてセックスした場合(赤字部分)が「2万円」というのが全ての基準じゃな。
齋藤編集長

 

Jメールのパパ活相場

出会い系であるJメールのパパ活相場は、パパ活アプリの相場よりもやや安めです。

これは男性にとってはプラスに働きますが、女性にとってはマイナスに働くことが多いでしょう。

 

齋藤編集長
パパ活アプリで活動できるレベルではない女性も、出会い系なら活動できるってことでもあるんじゃがな。
一概に「女性にとってはマイナス」とも言い切れないってことだな。
オオカミ君

 

パパ活アプリの相場は、以下の通りです。

  • 顔合わせの相場・・・1回あたり無料 or 3,000円 or 5,000円が主流(昔は1万円もあったが、顔合わせだけを繰り返す女性により激減)
  • ご飯の相場・・・1回あたり5,000円~10,000円(時給2,000~4,000円程度)
  • エッチの相場・・・1回あたり2~3万円程度(時給1~2万円程度)
  • 月契約(月極)・・・月あたり10万円程度(ただし、ほぼエッチあり)

 

Jメールを含めた出会い系での相場は、上記のパパ活相場よりもやや低く、具体的には以下のイメージです。

  • 顔合わせの相場・・1回あたり無料~5,000円程度(1万円はほぼない)
  • ご飯の相場・・・1回あたり5,000円程度
  • エッチの相場・・・1回あたり2万円程度
  • 月契約(月極)・・・あまりない(ほぼエッチあり)

 

齋藤編集長
出会い系では割り切りをやっている人も多いので、そちらの相場(エッチ1回で2万円)に引きずられるイメージじゃな。

 

Jメールのママ活相場

Jメールのママ活での相場は、存在しません

 

オオカミ君
「存在しません」ってなんなんだよ?相場がバラバラ過ぎて書けないのか?
いや。「ママ活」そのものが幻想なのじゃ。
齋藤編集長

 

マッチングアプリでママ活はウソ!その理由と実態をプロが解説」という記事に書いた通り、Twitter(X)やマッチングアプリ、出会い系等におけるママ活は幻想です。

そう断言する具体的な理由は、以下の通りです。

  1. 男は性欲、女は金銭欲が出会いの鉄則
  2. 出会い系やマッチングアプリではママ活が禁止されている
  3. ホストクラブの店舗数はキャバクラの店舗数の「68分の1」
  4. 需要がないので、ママ活アプリがない
  5. ママ活アカウントに接触すると出会い系に誘導される

 

ママ活というのは、「パパ活があるんだからママ活もあるだろう。金のない男性がやりたがるだろう」と考えた業者が作った言葉です。

試しにTwitter(X)のママ活アカウントとやり取りをしてみれば分かりますが、ママ活業者はほぼ「個人情報収集業者」「他サイト誘導業者」などの業者です。

 

齋藤編集長
ひどい場合には別の詐欺(本当の犯罪行為)につながることもあるので、注意が必要じゃ。

 

Jメール以外に検討すべき出会い系

Jメールの相場は、目的によって「高い」「低い」が異なります。

例えば、あなたが「出会いが欲しい男性」だとしたら、Jメールよりも他の出会い系サイト(出会い系アプリ)の方がポイント料金が安いことは間違いありません。

 

とはいえ、Jメールは出会い系の中でも出会いやすく、特に大人の出会いには最も強い出会い系です。ですので、Jメールの代替先としておすすめできる出会いツールは多くありません。

具体的に言うと、Jメール以外に検討すべき出会い系は「ハッピーメール」「PCMAX」の2つだけです。

 

オオカミ君
Jメールと合わせて補足しておくぜ。

 

Jメール(ミントC!Jメール)は、女性比率が最も高い出会い系です。

大人の出会いに強いことで知られ、業者も少ないです。男性のポイント料金は相場より高いですが、それでも利用価値は十分にあります。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!遊びの出会いにおすすめの出会い系

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万を誇る、日本最大の出会い系です。

業者が最も少なく、真面目な出会いに強いことで知られています。安全性に優れるため、初心者であればハッピーメール一択でしょう。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

PCMAXは、男性料金が最も安い出会い系です。

安いだけではなく、Jメールに次いで大人の出会いに強く、アクティブユーザー数が多いため出会いやすいです。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※1日のアクティブユーザー約60万人!圧倒的に出会いやすい

 

まとめ:Jメールの相場は目的次第

Jメールの相場がどうなのかは、目的次第です。

  • 男性が利用するためのポイント料金の相場は、やや高い
  • 割り切り(援助交際)の相場は、平均的
  • パパ活の相場は、やや低い
  • ママ活は存在しないため、相場も存在しない

 

とにかく安く出会いたい男性であれば、ハッピーメールやPCMAXの方がいいでしょう。

割り切りであればJメールは男女ともにおすすめですが、パパ活をしたい女性であればパパ活アプリの方がJメールより相場は高い(=稼ぎやすい)です。

参考パパ活は体あり限定?体ありでないと稼げない?プロが回答

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-Jメール

© 2024 週刊現実