女性のための出会い系攻略

【女性向け】イククルの評価・評判をプロが解説

イククル 女性

こんな方におすすめ

  • イククルの評価のほとんどが男性向けなので、女性向けの評価を見たい
  • 出会い系のイククルは女性にとって出会いやすいサイトなのか教えてほしい
  • イククルはどんなタイプの女性が使うべきで、どんなタイプは使うべきではないのか知りたい

 

今回は、女性向けにイククルの評価を行っていきたいと思います。

ハッピーメールの女性向け評価Jメールの女性向け評価と同じく、女性ユーザーの多くが気にするポイントである、以下の4項目で評価します。

  • 男性に出会いやすいか
  • ヤリモク男性は少ないか
  • 業者は少なく安全か
  • お金が稼げるか

結論:女性におすすめの出会い系はハッピーメールとJメール

まず結論から。イククルは優良出会い系の中でも出会いやすい方ですし、お金稼ぎにも強く、どちらかといえばおすすめの部類です。

ただし、それぞれ「さらに上」の出会い系があるため、ベストな選択肢とは言えません

 

齋藤編集長
結論から言えば、女性におすすめの出会い系は2つ。それがハッピーメールJメール(ミントC!Jメール)じゃ。

 

ハッピーメールが女性におすすめな理由はシンプル。「会員数が多く、業者が少なく、出会いやすい」からです。

ハッピーメールは累計会員数3,500万、日本最大の出会い系サイト(出会い系アプリ)です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

Jメールは「稼ぎながら出会える」という特殊性から、特に女性におすすめです。

さらに、男性との出会いやすさ、ヤリモク男性の少なさ、業者の少なさでも平均より上の水準となっています。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性が稼ぎながらきちんと会える出会い系

 

イククルは男性に出会いやすいか?

まず、イククルでは男性に出会いやすいのかどうかです。

イククルは、業界屈指の会員数である「1,500万人」という会員数を集めていることを公式サイトのトップページにて明らかにしています。

参考【比較】出会い系・マッチングアプリ12個の登録会員数まとめ【最新版】

 

この会員数、実際には携帯番号ベースでの計測なので、同じ人が複数カウントされたりなどの水増しもありますが、業界屈指の人数を集めているのは事実。

実際に、イククルは優良出会い系の中でも男性に出会いやすいサイトです。

 

オオカミ君
じゃあ、どんな女性にもおすすめなのか?
実はそこが重要なんじゃ。
齋藤編集長

 

イククルの広告を見ると分かりますが、イメージキャラクターとして出てくる女性が(ハッピーメール等に比べて)ギャル系です。

ここでのギャル系とは、ノリが明るい、見た目が少し派手め、年齢が若い、等の要素を合わせたものを言います。

 

実際、女性向け広告でも、男性向け広告でも、イククルは伝統的に「かなり明るい茶髪」の女性を起用してきました。

 

齋藤編集長
一時期イメージキャラクターとして組んでいたのは、egg(エッグ)Popteen(ポップティーン)出身の小森純さんじゃ。
ペニーオークションの件で降板したんだよな。
オオカミ君

 

広告に起用する女性も、広告を出す媒体(女性誌)もややギャル系に寄っているのがイククルの最大の特徴。

ですから、イククルにいる男性も「ギャルが好きな人」、つまりややイケイケ系の男性が多めです。

 

齋藤編集長
イケイケというのは態度やノリのことで、イケメンが多いといっているわけではないのじゃ。

 

イククルでは、自身がギャル系の要素(ノリが明るい、見た目が少し派手め、年齢が若い)を持っている場合には出会いやすいです。

逆に言えば、そうでない場合には少し場違い感を感じる可能性もあるでしょう。

 

イククルはヤリモク男性が少ないか?

次に、ヤリモク男性の少なさについてです。

結論から言えば、イククルはPCMAXの次にヤリモク男性が多いです。

 

その理由は、広告展開です。

PCMAXほど下品な(エッチな)広告展開はしていませんが、いわゆる女性向けのエッチめな本(レディコミ等)への広告が多いです。

男性向けにはけっこうえげつないエッチめの広告も用意しているので、ヤリモク男性はかなり多いサイトだと言えます。

 

今は変わってきましたが、以前は援助交際への許容度も高く、アダルトイメージはいまだに強めです。

実際、そういう事情(援助交際の温床というイメージ)から「イクヨクルヨ」だった名前を「イククル」に改名したと言われています。

 

イククルはギャル系を女性ターゲットとし、ギャルが好きな男性を男性ターゲットとしているため、どうしてもヤリモク男性が多くなっています。

 

オオカミ君
ギャルが好きな男性っていうと、ホスト系とか、ギャル男系とかって感じか?
もちろん本当に「ホスト」「ギャル男」という人は少数じゃが、他の出会い系アプリ・サイトよりはその系統が多いじゃろうな。
齋藤編集長

 

さらに、最後にも触れますが「男性料金が安い」サイトとしても知られているため、お金はないがエッチ盛りという若めの男性が集まってきやすいという欠点もあります。

 

あなた自身がエッチ目的だ、というのでもない限り、この部分は評価できないかと思います。

なお、当然ながら援デリ業者などの「お金をもらってエッチする」セミプロの方々は多く、アダルト掲示板には本日も大量の書き込みが見られます。

 

イククルは業者が少なく安全か?

次に、イククルは業者が少なく、安全な出会い系かどうかという点です。

いつも申し上げていますが、業者が多いと「業者を避けて素人を見分けるテクニック」が必要となるため、お世辞にも初心者向けサイトとは言えなくなります。

 

イククルは、優良出会い系サイトの中では「普通」程度の業者度合いです。

男性向け業者、つまり援デリ業者はアダルト掲示板を中心に多めですが、女性向けはそうでもありません。きちんとサイトパトロールも機能しており、比較的安全なサイトだと言えます。

 

齋藤編集長
初心者向け度合いは、まあまあのサイトだと言えるじゃろう。

 

イククルではお金が稼げるか

最後に、イククルではお金が稼げるか、つまり「キャッシュバック制度はどうか」ということについてです。

 

イククルにもキャッシュバック制度(男性とメールをするだけでポイントがたまる制度)があります。

本来の目的はサイト内メールの活性化ですが、女性からすれば「出会うついでに稼げる」ということでもあります。

 

そして、イククルのキャッシュバック制度は、現金交換可能なタイプで、なおかつキャッシュバック率も良いです。

より具体的に言えば、優良出会い系の中で2番目に良いです。ワクワクメールが3円/1往復、ハッピーメールが4円/1往復なのに対し、イククルは5円/1往復です。

 

オオカミ君
さすがにJメールの1往復で7円には勝てないけど、かなり良い方だぞ。

 

細かな違いにも見えますが、ワクワクメールとは2倍に迫るほどの違いですので、意外に見逃せないポイントです。

しかしながら、イククルでのキャッシュバックには注意点もあります。

 

イククルは、1時間以内にメールを返信したときにのみ、キャッシュバックポイントがもらえるのです。

そういう意味では、「ガンガン稼ぐぞ!」と思っている人以外は(いつもは仕事をしており、常時スマホをいじれない人は)あまり稼げないかもしれません。

 

以上のことから、イククルは「人によっては稼げるサイト」だと言えます。

 

イククルの総合評価(女性向け)

最後に、ここまで述べてきたイククルの評価(女性向け)をまとめます。

便宜的に星の数で評価すると、以下のようになります。(★★★★★が満点)

  • 男性に出会いやすいか:★★★★ 出会いやすいが、チャラ男系が多い
  • ヤリモク男性は少ないか:★★ ヤリモク男性は多め。エッチ系のお誘いはガンガン来る
  • 業者は少なく安全か:★★★ これは普通程度。業者は多くも少なくもない
  • お金が稼げるか:★★★★ 現金は手に入るが、返信が1時間以内という制約がある

 

というわけで、どの項目も比較的高めであり、優良出会い系の中でもある程度は女性におすすめできるサイトです。

登録無料!カンタン2分

無料でイククルをお試しする

※優良出会い系の中でもコスパ・料金の安さに強み

 

実は、特にイククルが評価されているのは「男性料金」です。

以前は、イククルはいつも「ポイント2倍キャンペーン」をやっていたため、異常に安かったのです。

 

齋藤編集長
2024年現在では常に2倍ではなくなったんじゃが、それでも他の出会い系より安く使えるのじゃ。

参考【一覧で料金比較】全ての出会い系サイト・アプリの料金表まとめ

 

しかしながら、料金の点は正直に言って女性には関係がありません。

ですから、(冒頭でも述べた通り)出会いたいならハッピーメール、稼ぎたいならミントC!Jメールの方がおすすめです。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性が稼ぎながらきちんと会える出会い系

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-女性のための出会い系攻略

© 2024 週刊現実