出会い系攻略の知識・テクニック

出会い系で彼女が出来たけど退会したくない場合はどうするか?4つの方法を伝授

出会い系 退会

こんな方におすすめ

  • 出会い系で彼女が出来たけど退会したくない
  • 彼女から「出会い系をやめろ」と言われているが、つながりを切りたくない
  • 出会い系を10年、20年単位でやっているベテランはどう対処しているのか知りたい

 

基本的には男女どちらにも受け入れられそうなことを書いている私ですが、たまに鬼畜というか、完全に「悪い男」「ゲス」向けの記事を書きたくなることがあります。

 

オオカミ君
というわけで、今回の記事は女性が読むと不快になる可能性があるぞ!
かつ、男性でも正義漢・真面目一徹系の方が読むと気分が悪くなる可能性があるのじゃ。
齋藤編集長

 

私は、出会い系で彼女が出来た場合、一度出会い系から離れることもありますが、基本的には15年以上ずーっと、登録状態を維持しています。

 

ハッピーメールも、Jメールも、PCMAXも、ずーっとサイトに登録しっぱなしで数百人と会って、一部の方とはお付き合いしてきています。

今回は出会い系で彼女が出来たけど退会したくない場合の工夫についてお話していきます。

 

齋藤編集長
全部、ワシが実際に使っている(使っていた)方法じゃ。ワシのかかわった女性たちが見ないことを祈る(笑)

 

週刊現実の記事の執筆者・監修者
参考週刊現実の「おすすめ」「出会いやすい」等の表現の信頼性と根拠となるデータについて(PDF)

退会が面倒臭いからという

まず一つ目です。「退会がめんどくさいから」と言ってしまうという方法です。

これは単純ですので、効果は小さいと言わざるを得ません。

 

齋藤編集長
実際、ほとんどの女性は納得しないのじゃ(笑)

 

ではなぜ紹介したのかというと、「納得はしないものの、これ以上やり合うのもめんどくさい」と思ってくれる女性もいるからです。

相手がこの方法で納得していなさそうだったら(経験上、だいたいそうなると思いますが)、次の矢を放つことで納得させる可能性を上げられます。

 

次の矢とは、「ログイン履歴とか見られるんだろ?不安だったらお前が俺のアカウントを監視すればいいじゃん」です。

相手の女性は、「え!?私が退会しなくてもいいってこと?不安じゃないの?」と言ってきますが、次のセリフが重要です。

 

「いや、ぜんぜん不安じゃないよ。俺は○○のこと、信じてるからさ。」

 

このセリフを言っておくと、まるであなたのことを信じていない女性のほうが性格が悪いかのように錯覚させることができるのです。

 

オオカミ君
悪いヤツ!

 

このセリフと合わせて使う場合には、まあまあの成功率を誇る方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

 

いったん退会して再登録する

次の方法は、「いったん退会して再登録する」というものです。以前、まさにこのテーマを扱った記事を書きました。

参考出会い系で出会った彼。再登録しての浮気にどう対処すべきか?

 

Yahoo!知恵袋の質問に、以下のようなものが投稿されていた件ですね。

出会い系サイトで知り合った人とお付き合いさせて頂いてたのですが、サイトは退会してもう開かないでおこうねと言ってたのですが再登録が先月発覚

私は、そういうのも浮気に含めるからねと以前から言っていたのですが、もうしないからと許してしまいました。
すると先日、ほかの出会い系サイトに登録してるのを発覚。

登録したのは俺じゃない。勝手に誰かに登録されたんだと言い張り運営側に電話して本人の携帯でないと登録はできないと言われても否定
もう、廻りからも別れなよと言われ別れを決意したのですが、まだ連絡を取ってしまいます。
彼も、二度としないから、まだ好きなんだよと言ってきます。

また浮気しますよね笑
もう、完全にわすれるべきでしょうか

出典:Yahoo!知恵袋

 

この彼氏の発覚してから(バレてから)の対応は頭が悪いというか、いくらなんでも「誰かに勝手に登録されたってなんだよ」って感じですよね。

しかし、実はその前段階、再登録が発覚してしまう確率はそれほど高くないです。

 

おそらく、このタイプの彼女だと「せーので退会しようね」という感じで退会したのだと思いますが、再登録がバレるということは、相手も登録したってことですよね?

 

オオカミ君
登録しないと、交際相手が再登録しているかどうか分からないからな。

 

そこまでしてくる女性は少数派ですし(筆者の過去の彼女にもいましたが)、バレても言い逃れは簡単です。

「お前と同じで、お前が出会い系で浮気してるんじゃないかと思ってつい・・・」でOKです。

 

これであなたを許してくれないようなら、(同じく再登録した)相手を許してあげる必要もないですよね。

経験上、この方法を使えばほぼ破局することはないです。

 

退会要求に備え、そもそも複数の出会い系サイトを使っておく

次は、そもそも彼女が出来たら退会の要求が来るものと考え、あらかじめ複数のサイトでいろいろな子にアプローチしておくという方法です。

 

この方法であれば、「ワクワクメールで彼女が、Jメールでセフレが出来たからそれは退会して、ハッピーメールとPCMAXをメインで使うようにしよう!」ということが出来るわけです。

この方法であれば、バレる可能性は相当低いです。

 

バレる可能性が低い理由は、男性には複数サイトを掛け持ちしている人が多いですが、女性は一つのサイトしか使っていないことが多いからです。

 

オオカミ君
女性会員は、ひとつのサイトだけでも十分に出会えるからな。

 

複数サイトを使うのは、アプローチできる女性の数を増やしたり、種類を増やしたりするという意味でも非常におすすめです。

以下の記事にも書きましたが、浮気をするつもりが全くない方でも、複数サイト登録はしておくべきです。

参考よく比較される出会い系を複数使う理由3つ。全部使えばいいじゃない?

出会い系に複数登録するメリット

  1. 登録したサイト数の分だけ、登録時に無料ポイントがもらえる
  2. 会える女性の幅が広がる
  3. 彼女やセフレ、不倫相手が出来て退会することになった場合のダメージが減る

 

登録無料のポイント制の出会い系サイトであれば、まずは以下の中から3つほど、出来れば「PCMAX」「ミントC!Jメール」「ハッピーメール」の3つに登録しておけば十分だと思います。

 

PCMAXは、間違いなく「最も出会いやすい出会い系」です。

その理由は、新規登録者およびアクティブユーザー数の多さ。出会い系の中で男性料金が最も安いことや、エッチな出会いに強いわりに業者が少ないことも特長です。

登録無料!カンタン2分

無料でPCMAXをお試しする

※コスパ最強!出会いやすさも安さも圧倒的No.1

 

Jメール(ミントC!Jメール)はPCMAXやハッピーメールと並ぶ出会い系界の3強であり、2000年に開設している老舗です。

Jメールは出会い系の中でも最も女性比率が高いため、出会いやすいです。エッチな出会いに強いこと、無料で使えるログインボーナスが大きいこともおすすめポイントです。

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※出会い系業界の3強!女性比率No.1、エッチな出会いに強み

 

ハッピーメールは、累計会員数3,500万人を誇る、日本最大手の出会い系。

出会うための邪魔となる業者が出会い系の中で最も少ないため、初心者でも安全に出会える出会い系です。

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

出会い系のブログを書くためにメッセージだけはやらないと!と言う

最後に紹介するのも、私が良く使う方法です。

自分のキャラと相手女性のキャラにより使えない可能性もあると思いますが、使えれば結構納得されます。

 

  • 「実は俺、出会い系攻略ブログやってるんだ。見せられないけどさ。やっぱり読者がいるものだから、すぐにはやめられない」
  • 「会ったりは絶対しないからさ、メッセージだけ続けさせてくれない?」

 

って感じですね。

たぶんれを言ったことがある人は少ないと思うので信じてもらえない気がしますが、結構納得されます(笑)

 

齋藤編集長
本当じゃ。実際にこの15年以上のあいだに、10~20回くらいは言ったことのあるセリフなのじゃ。
実体験に基づいているんだな。
オオカミ君

 

もしあなたが「ブログを書きそうなキャラ」なのであれば、試してみる価値はあると思います。

とはいえ、掘り下げられたりブログを探されたりするリスクもあるので、最終手段にしておいた方がいいと思います。

 

齋藤編集長
一般的にはこれ以外の3つの方法で、十分に彼女からの追及をかわせるはずじゃ。

 

出会い系を退会したくない場合の対処法まとめ

最後に、ここまでお話してきたことをまとめておきます。

  1. 退会が面倒臭いから&監視していいからという
  2. いったん退会して再登録する
  3. 退会要求に備え、そもそも複数の出会い系サイトを使っておく
  4. 出会い系ブログを書くために続けさせてほしいと頼む

 

ちなみに私のレコメンド(推薦)は、「退会要求に備え、そもそも複数の出会い系サイトを使っておく」をしつつ、「退会が面倒臭いから&監視していいからという」ですね。

 

齋藤編集長
大体の場合は、これで乗り切れるはずじゃ。

 

というわけで、本日はゲスな記事ですみませんでした。お読みいただきありがとうございます!

それでは、また。

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会い系攻略の知識・テクニック

© 2024 週刊現実