出会うためのマインドセット

出会いは縁。でも縁を引き寄せる方法はある

出会い 縁 引き寄せる

出会いを諦めている人がよく言う一言があります。

  • 「出会いは縁だからなあ」
  • 「出会いは運だからなあ」

 

齋藤編集長
ワシは婚活・恋活・出会いを専門としているので、結構よく聞くことがあるのじゃ。

 

どちらも同じことを言っていて、「自分は頑張っているけど、何かしらのめぐりあわせがないがために出会えていない」ということだと思います。

しかし、本当にそうなのでしょうか?めぐりあわせを引き寄せる方法はないのでしょうか?

 

今回は、出会いと縁、特に縁を引き寄せる方法について書いていきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 出会いがない、縁がないと感じている
  • 婚活や恋活をしているのに、出会いの運が足りず出会えていない
  • 良い異性との出会いがなく、運命の出会いが欲しいと感じている

出会いは縁、は事実

まず、「出会いは縁」というのは間違っていません。

 

(特にネットで)自己責任論が強めの日本なので、「そんなの敗者(努力しない人)の言い訳だ」と言いたくなる日本人は多いだろうと思います。

しかし、出会いに限っては、縁であると言える部分が大きいです。

 

今までまったくモテなかった人が、いきなりモテモテになるのは男性向けゲームやラノベ、映画やドラマの中だけの話です。

そういう意味では「縁じゃなくて実力なのではないか」という気がしてしまうかもしれません。

 

しかしながら、今まで全くモテなかった人が、好きな人(1人)と結ばれることはよくあります。

また、逆に割とモテる人が、自分の好きな人には振り向かれず、結婚出来ないということもあるでしょう。

 

齋藤編集長
こういう光景を見たり、話を聞いたりすると、出会いは魅力や努力だけではなく、縁だと実感するのじゃ。
最高の1人を恋人に出来るかどうかって意味では、運とか縁が大切だよな。
オオカミ君

 

良い出会いには縁(運)が必要

もちろん、モテない人よりはモテる人の方が「良い出会い」がある確率は高いです。

しかし、「良い出会い」を「好きな人との結婚や交際」と定義すると、ここにはかなり偶然の要素(運や縁)がかかわってくるのです。

 

まず「あなたが好きな相手」に出会う必要があります。

面食い度や性格判定の厳しさにもよりますが、結構低めの確率でしょう。実際、「気になる相手がいなくて恋人が何年も出来ず、困っている」という人も多いです。

 

齋藤編集長
たとえ美人でも、意外にこういう人は多いのじゃ。

参考芸能人レベル!驚くほどの超美人に出会う、3つの方法

 

そして、「あなたが好きな相手」があなたのことを好きになってくれる必要性もあります。

これは努力してそうなることも可能ですが、努力したからと言ってそうなるとは限りません。

 

オオカミ君
むしろ、そうならないことのほうが多いかもな。つらいけど。

 

この部分(あなたが好きな相手が、あなたのことを好きになってくれるかどうか)が出会いにおける最大の難関で、残念ながらめったに成功しません。

本当に好きな人と結ばれる(結婚する、交際する)には、やはりある程度の運や縁が必要なのです。

 

出会いの縁は引き寄せることが出来る

出会いには運や縁が重要です。その一方で、「出会いは縁」で片付けてしまうと、努力しても無駄なように聞こえてしまいます。

 

オオカミ君
出会いに限っては、仕事とか勉強とは違って、頑張っても意味がないのか?
いや、そんなことはないのじゃ。
齋藤編集長

 

実は、出会いにおける縁は自分で引き寄せることが出来るのです。

 

これは、確率の問題です。

1回だけ異性との出会いがあった場合、それが良い出会い(良縁)なのか、その出会いをモノにすることが出来るのかどうかは、縁や巡り合わせによるでしょう。

 

しかし、1回だけではなく、何度も出会いがあるとすると、これは違ってきます。

週に1回異性との出会いがある人と、年に1回異性との出会いがある人、どちらが良縁(良い出会い)に結び付きやすいと思うでしょうか。

 

週に1回異性との出会いがあるということは、1年に換算すると52回くらいは出会いがあることになります。

多くは「縁がなかった」結果(=結婚や交際には発展しない)になると思いますが、1つくらいは「良い出会い、良い縁」になる可能性が高いです。

 

齋藤編集長
まとめると、こういうことじゃ。
  • 1つの出会いがよいものになるかどうかは、縁や運(偶然の要素)に左右される
  • しかし、あなたに出会いがどのくらいあるのかは、縁や運に頼らず、増やすことが可能である

 

出会い(縁)を引き寄せる方法

先ほど例として出した、週に1回異性との出会いがある人と、年に1回異性との出会いがある人というのは、大げさなたとえではありません。

 

仕事柄あまり出会いがなく、自分から出会いを求めない人は、恋愛対象の異性と「年に1回」しか出会わないというのは十分あり得ます。

逆に、仕事柄出会いがあったり、自分から出会いを作ろうとする人が、恋愛対象の異性と「週に1回」出会うことが出来るのは確実です。

 

オオカミ君
なんで、そう言い切れるんだよ?
ワシ自身が、2つの例を両方とも経験しているからじゃ。
齋藤編集長

 

私が出会い系を始めたのは15年以上前ですが、その間、常に出会い続けてきたわけではありません。

男ばかりの職場で、休みの日は引きこもってゲーム。こうして恋愛対象の異性と1年通して全く会わないレベルの「暗黒期」を経験したこともあります。

 

逆に、「週に1回」くらいのペースで恋愛対象の異性と会っている時期も、かなり長いです。

これは、ライフワークとして出会い系を駆使していたからです。

 

縁を引き寄せたいのであれば、異性と出会おうとすることです。

友達の紹介や合コンでもいいですし、出会い系やマッチングアプリというネット出会いもあります。

参考私が合コンより出会い系をおすすめする理由5つ

 

私は友達経由の出会いは嫌いですし、そもそも合コンを開いてくれる友人もあまりいません。それでも私が出会いの縁を引き寄せ続けているのは、ひとえに出会い系のおかげです。

必須おすすめ出会い系の目的別比較ランキング

 

ネット出会いによって、多くの良い縁も悪い縁も引き寄せ、そして良い縁だけをつかみ取ること。

出会いは縁、だからこそ出会いの数を打つことが大事なのです。

 

まとめ

出会いは縁です。実際、1度の出会いが運命的なものになるかどうかは、かなり運に左右されます。

しかしながら、出会いの数を増やすことにより、運命的な出会いをする確率を上げることはできます。ここは、運ではなく完全に自分の行動で引き寄せることができる部分です。

 

出会いの数を増やす方法は色々とありますが、私のおすすめは出会い系。

ネットで、身バレせず、人間関係ゼロからでも出会いの数を極限まで増やすことが出来ます。選択肢も、出会い系の会員数である数百万人から選べます。

 

優良出会い系のハッピーメールとJメールが、15年以上ネット出会いを生きがいとして生きてきた私の結論です。気になる方は、ぜひお試しください。

ハッピーメールの公式サイト → https://happymail.co.jp

登録無料!カンタン2分

無料でハッピーメールをお試しする

※最も業者が少なく安全!日本最大の出会い系

 

ミントC!Jメールの公式サイト → https://mintj.com

登録無料!カンタン2分

無料でミントC!Jメールをお試しする

※女性比率が高く、アダルトな出会いに強い

  • この記事を書いた人
「週刊現実」編集長

「週刊現実」編集長

株式会社Affairが運営する出会い系専門メディア「週刊現実」の編集長。出会い系のプロ(専門家)として、経験に基づき記事を執筆。出会い系歴は15年以上、2024年までに出会った女性は500人以上。本名は齋藤さん。プロのおすすめする出会い系サイト・アプリはこちら

-出会うためのマインドセット

© 2024 週刊現実